スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/9 CL決勝トーナメント1回戦 セカンドレグ

内田シャルケやりましたね~

ほんと内田は良いチームに移籍で来ましたよね。

リーグ戦ではいまいちだけどCLで結果を出すあたりは

さすがマガトと言いたい。

あともう1試合は0-0でトッテナムが勝ち上がったらしいよ。

スパーズも遂にCLで勝ち上がれるチームになったか。

・・・・・って書いててむなしくなりました。

はぁ、朝から憂鬱だ。

まあとにかく振り返りますか。

試合詳細↓ 前回のファーストレグではアウェイのトッテナムが1-0で勝利。
ミランは今日の試合で1-0以上のスコアでの勝利が必要になる。
前回と同様にミランがポゼッションしトッテナムがカウンターを
狙う展開が予想される。

フォーメーション
ミランvsトッテナム2

トッテナムはモドリッチがボランチに入ったこと以外は前回の対戦と同じ。
注目のベイルはベンチからとなった。
ミランはチアゴ・シウヴァがCBに入り、中盤の底にはセードルフが入った。
出停中のガットゥーゾのポジションにはフラミニが入り、怪我で出場が
危ぶまれていたプリンスことボアテングも先発に名を連ねた。

戦前の予想通り、立ち上がりからミランが高いポゼッションで試合を進める。
トッテナムはクラウチの高さを生かしロングボールを放り込んでカウンターを
狙うが、ネスタ、チアゴ・シウバ落ち着いて対処しチャンスを作らせない。

すると徐々にミランが押し込みはじると前半最大の決定機を迎える。
ネスタからロビーニョへ狙った縦パスがDFの裏に流れ、パトが抜けだす。
GKをかわすも角度がなく中央に走り込んだロビーニョにパスを送りシュート
を放つもしっかりミートできずギャラスにライン上でクリアされてしまう。

後半も、前半と同様にミランがボール支配し、トッテナムは完全に自陣に
引きこもりカウンターを狙う展開になる。特に右サイドからシンプルにクロス
をあげクラウチが落とし、モドリッチ、ファン・デル・ファールトが走り込む
攻撃を見せていたが、集中したミランDF陣の前にはほとんど通用しなかった。

するとミランが一方的に押し込む展開が続くが決定的なチャンスをつくれずに
時間が刻々と進んでいく。アントニーニ、メルケル、シュトラッサーといった
選手を入れるがあまり効果はなく、自陣を固めるトッテナムの守備を崩せない。

結局このままスコアは動かず0-0で試合終了となる。ファーストレグで勝利
したトッテナムがCL初出場ながらベスト8進出を決める。

トッテナム 0-0 ACミラン 2戦合計1-0でトッテナムが勝利

採点(ガッピル)

トッテナム 
 1 ゴメス       5.5 集中していた
22 コルルカ      5.5 攻撃参加は全く見られず
20 ドーソン      6.0 苦しい展開だったがミランFW陣をよくおさえた
13 ギャラス      6.0 集中した守りで無失点に貢献
32 アスー=エコト   5.0 アバーテに突破を許し攻撃も良いところだせず
 7 レノン       5.5 スピードは驚異だったがあまりチャンスつくれず
30 サンドロ      5.5 バイタルエリアをあけることなく、守備に徹した 
14 モドリッチ     5.0 試合展開からかほとんど良さは出せず
40 ピナール      5.0 あまりボールに絡めず
→(8 ジェナス)      -
11 F・D・ファールト  5.5 クラウチのサポートをしながら数少ないチャンスを演出 
→(3 ベイル)       5.0 特に何もできず
15 クラウチ      5.5 競り勝ってはいたがチャンスには繋がらなかった
→(9 パブリチェンコ)   -

    レドナップ     6.0 守備に徹し、ベスト8進出をもぎとった

ACミラン

 32 アッピアーティ  5.5 あまり出番がなかったが集中していた
 20 アバーテ     5.5 何度か攻め上がりしたがチャンスは演出できず
 13 ネスタ      6.0 カバーリング能力、寄せの早さはさすが 
 33 チアゴ・シウヴァ 6.0 調子の良さが見え、何度もボールを奪取 
 18 ヤンクロフスキ  5.0 カードをもらってから、穴になっていた
→(77  アントニーニ)     -
 10 セードルフ    5.5 慣れないポジションながらよく効いていた
 16 フラミニ     5.0 ラフプレイが目立った
→(14  シュトラッサー)     -
 27 ボアテング    5.5 よく絡んでいたが効果的なプレーはできず
→(52  メルケル)      -
 70 ロビーニョ    5.5 チャンスをつくっていたが決定機を決めれず
  7 パト       6.0 よく裏を取り、トッテナム守備陣の脅威にる
 11 イブラヒモビッチ 5.0 ポストでチャンスをつくったが違いを見いだせず

    アッレグリ    5.0 自陣に引かれた相手に効果的な策を打てず

ハイライト動画
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。