スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-2012 セリエA 第25節 ACミランvsユベントス

うーん、勝てる試合だったけど引分という結果はそこまで悪くない。

ミランはイブラが出場停止のほか、ボアテングが再度負傷、ネスタも復帰が間に合わなかった。

アーセナル戦を快勝し、チェゼーナ戦でも控え組が躍動し勝利したが
日程の厳しさ、長期離脱者の多さを考えれば非常に厳しいチーム状況は変わっていない。

対するユベントスはカターニャ戦でビダルやリヒトシュタイナー、マトリなど主力を温存させ
離脱者もあまりみられなく、万全の体制でこの試合に臨むことが出来た。


どちらが優位な状況にあるかは明白だった。
いや正確にはそう思われていた。


しかし、実際は違った。
ミランの最終ライン含め中盤の献身的なハードワークにユベントス攻撃陣は鳴りを潜め
自慢のハイプレス、運動量もコンディションが苦しいはずのミランより劣っていた。
しかもミランはパトというガラスのエースを抱えてより一層厳しい状態だった。

毎回ユベントスの試合を見ていないので原因は分からない。
これが戦術的なものなのか、リーグを戦う上での戦略的なものなのか。

ただ、明らかに前半戦のユベントスのような強さは全く感じられなかった。
もちろん最後に追いつく勝負強さは敵ながらあっぱれであった。

しかし、ここまで長期離脱者がいるわけでもなく、日程的なコンディションの問題もなく
無敗をキープしながらなぜ抜け出せないのか?


ミランが良かったのかただの不調だったのかを超えて何かしらの問題が━━━━。


これまでがあまりにも順調で問題がさほど内容に思っていただけに
敵として戦ってみてそれを強く感じた。

戦術的なものであえてそういう戦い方を選択したのではなく、そうせざるを得なかった理由が
どこかにあるんじゃないかと。


その答えはまだ確信が持てないので詳しくは言及しないが
勝手に僕が信頼における分析官と位置付けている、あるフォロワーの方は
「今のユベントスは張り詰めた糸みたいだと感じた。凄まじい精神力で疲れた身体を動かしている
というイメージ。マルキージオやビダルは完全に動けてないし。
もし、それが切れたら一気に沈む可能性も。」
という感想をこの試合で抱いている。
(勝手に引用して申し訳な( ・∀・)イイ!!すw)


実は満身創痍はユベントスの方だったという仮説。

この考えには僕も前から思っていた節がある。

あれほどのハイプレスをした開幕当初の戦い方がもつはずがないと。

3バックなども取り入れ変化を見せてはいるがチームの骨格であるハードワークが
結果的に今になって自分たちを苦しめることになっているのでは?
と疑ってしまう。

ただライバルクラブのことなのでここで止めておく。


これが本当にそうなのかは今後の両チームの結果で証明されるはず。


少なくとも今日のミランはベストな11人ではなかったことは確か。
だからこそ「ユベントスってこんなチームだっけ?」と感じた。

ミランを過小評価しすぎていたのか?
ユベントスを過大評価しすぎていたのか?


両者ともに本当に強いのかはまだまだ曖昧なものなんだなあと・・・。


楽しみなリーグ戦が続くと思えば今日の結果はベストだったかもね。


誤審について?
まあ、よくあることだよね。
それについてごちゃごちゃ難癖付けるのは審判に抗議するお偉いさんだけでいいよ。

現場はしっかり冷静な対応をするべきだよ。
そう言う意味でアッレグリは心配していないけど・・・。




ハイライト





milan-juventus2.jpgmilan-juventus3.jpg



429471_10150582559236937_147054831936_9205805_874621180_n.jpg 
リーグ8点目、2桁得点も夢ではない。
もしかして前の22番の1年目を超えちゃうかも?


430561_10150582564561937_147054831936_9205829_1518693513_n.jpg
ムンタリさん、ドン( ゚д゚)マイ
あなたは運はもっていないけど何かはもってるよ。


428995_10150582558541937_147054831936_9205798_1167898701_n.jpg 
まだまだあたなもツメが甘いね。
間違いなくミランの勝ちゲームだったよ。


他のミラニスタ、ユベンティーノのレビューは↓こちらから
           にほんブログ村 セリエA


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif 

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- junchang - 2012年02月26日 19:37:50

ドローですか!
悪くはないですね!
ユベントスは明らかにピルロの存在が大きいような気がしますが如何なんでしょう?

junchang さん - ガッピル - 2012年02月26日 20:27:12

ピルロの存在はめちゃくちゃ大きいですよ。
だから一番狙われやすい存在になっていることも確かです。
あとは中盤のマルキージオとビダルの代えもなかなかいなくて
相当に負担がかかっているようです。
今日の試合もほとんど怖さはありませんでしたし。

このままだと来季CLとの併用はかなり厳しい感じがします。

- ユベンティー - 2012年02月28日 22:18:05

はじめまして!
名前の通りユベントスファンです。
誤審は残念でしたね。試合に水を差してしまったというか...

ユベントスについては二つ、
一つはツイッターの方が言っている通り、リヒトシュタイナー&
中盤の二人の体力がかなりヤバい事になっている事、
二つ目はそれに関係するのですが、
中盤の運動量が落ち気味&ヴチニッチの調子が試合前あまり良くなかった事がかさなり前からプレスをかけるクアリャレッラとボリエッロの
2topにした、しかし二人にボールが収まらなかった事で
前ユーベホームでやった時の様な前からガンガン行けなかった。
事と思います。

後半4-3-3にしてから良くなった通り、やはり前から
行く事でユーベは良さが発揮できるんだなと思いました。
そのかわりヴィダルが死にましたけど....

ミランはサイドバックに若干難を抱えているので、
4-3-3でスタートして欲しかったとは思いますが、
仕方がないな〜

来季はやっぱりヴィダル マルキジオ並の能力を持つ中盤と
ピルロの控えが欲しいです。欲を言えばシャヒンw

ユベンティーさん - ガッピル - 2012年02月29日 11:28:21

結構ユベンティーノにはキツイ事書いたのにどうもコメントありがとうざいます。

後半ユーベが4-3-3にしたことでミランのサイドの起点を潰そうとした事と
ミランが3トップにしてロビーニョを真ん中にしてしまったことでミランの起点が失われてしまったことがこの試合の最大の焦点だったと思います。

まああれだけ、出場できない選手がいればしょうがないんですがw

シャヒンは確かにピルロの控えにはよさそうですが本質はもっと違うところにあるのかなと。
例えばドルトムントがCLで勝てなかった理由は経験値という方がいますが僕は違うと思っています。
経験値よりもあのスタミナが要求されるサッカーで週2日の日程をこなすには選手の負担が多すぎたからだと思っています。
だからCLが終わったあとの今、こんなにもイイサッカーが再び出来ているんじゃないでしょうか。

ミランも当初はハイプレスを軸にサッカーを展開しようとしましたが怪我人多発で早々にポゼッション志向の省エネサッカーに変わりました。
ただそれでも怪我人が続出したミランは今度、選手層で上手くカバーしようとしています。
中堅どころの使える選手をとって週2日の日程をやりくりしCLに焦点を充てる戦略をとっています。
今のアッレグリは基本、戦術やフォーメーションなどを変えることはほとんどありません。

この試合のミランのようにユベントスもピルロ、マトリ、ヴチニッチ、バルザリ、ボリエッロが不在でリーグを戦う羽目になるかもしれないということです。
現時点でも相当疲労が見られることを考えれば来季はもっと厳しい状態が予想できます。
ドルトムントの例をみればなおさらです。

しかしクラシッチやツィークラー、エリアなどの起用法をみるとコンテ監督にそれが出来るかというとやや疑問です。むしろ、このミラン戦のように柔軟な戦術を使いこなすほうがあってるような気がします。



- Bianconero - 2012年03月01日 04:09:00

はじめまして、ライバルチームのユベンティーノです。
冬季休暇中に、ミランもユーべもドバイに合宿に行ったの覚えてますか?
陸上競技用のトレーニングが目的だったとかが理由で、激しいトレーニングをしたという記事を読んだことを記憶しています。
それにしても、最近のユーべは疲れが溜まってるのか、コンテが要求する戦術がうまくできてないのか、見ていて煮え切らない試合が多いです。  得点不足も問題です。 でもやはり、ミランは頭1つずば抜けていますね。 ユーべにはせめて無敗記録を達成してもらいたいところですがどうでしょうね。
コッパイタリア今から楽しみです。 また直々寄らせてもらいます。

Bianconero さん - ガッピル - 2012年03月01日 12:06:38

はじめまして&コメントありがとうございます。

確かにウィンターブレイク期間中の負荷のかかったトレーニングが今の怪我人続出やコンディション不良につながっている可能性は否定できないと思います。ただ試合での消耗はそれとは比べ物にならないはずです。特にメンタルの部分で。


僕はその無敗記録が逆にユベントスを危うくさせるんじゃないかなあと思います。特に今の状況は負け試合を引分に持ち込むっていうよりも勝てる試合を
勝ちきれない状態が続いています。
もちろん負けないことでプラスに働くこともあると思いますが、
負ければある程度、問題が表面化するし、監督も選手もそれなりに自覚します。ただ引分であればどこか目をつぶってしまう可能性があるのかなと。

本来この時期まで無敗であればリーガのような状況を除いて普通ならぶっちぎっているはずなのにそれが出来ていないのはきっとどこかに問題があるだろうなと。それがコンディションの問題なのか戦術の問題なのかは分かりませんが。


コパに関してはもう見てのとおり、そこまで手が回る状態じゃないのでユベントスさんにお渡しします。ファーストレグも負けてますし。
というかスクテッドも本来ならばユベントスにとってもらったほうがセリエも盛り上がるだろうし、いいかなと思っています。
ミランはCLで頑張って欧州でのセリエの評価を取り戻して欲しいというのが僕の本音です。


- Bianconero - 2012年03月02日 04:48:18

お返事有り難うございます。
そうですね、分かります。 もし一敗でもしてしまったら、緊張の糸が切れてグダグダとなっちゃうのかなぁ。 それとも逆にプラスに働くのか、どうなんでしょうね。 僕としては、そうなりそうで怖い、去年のように崩れて行きそうだから、スクデット如何ではなく、その切れそうな細い糸のようなものでコントロールしてる、せめてファンの前では負けない、無様な姿を晒したくないというコンテを想像してました。 実際コンテって元ユーべの選手ですけど監督としてはどうなんでしょうかね。 バリとかシエナといったセリエBでの活躍はわかるんですが、セリエA,しかもいきなりユーべみたいなビッグクラブ行ってしまって、その後どこ行くんでしょうかね。 ずっとユーべですかね? 彼もプライド持ってそうだから、難しそう。 あ、ユーべの話終わりにします。 また来ます

Bianconero さん - ガッピル - 2012年03月02日 11:11:34

そういう状態ならよっぽど余裕がないという証拠でしょうね。
1敗しても切り替えて次の試合勝てば勝ち点3得られるけど
1分けして次の試合も引分ければ勝ち点2しか入らない。

負けることは必ずしも悪い方向に行くわけではない。

逆にその無敗という見えないプレッシャーがどんどん大きくなって結局自らを苦しめることになるのではないのかなと思います。
たとえばその1敗が終盤に来たら相当ダメージがありますが今のうちにしていればそれも最小限に抑えられるのかなと。

なにか勝つことよりも負けないことを重視しているような気がしますね。
いかにも”セリエ”って感じですけど。

もちろん最後まで無敗で続けば言うことないですが。

コンテはいい監督だと思いますよ。
案外戦術に柔軟性ありますし、チームをまとめるのも上手いと思います。
ただ自分の好みではない選手を全く使おうとしない点は僕はあまり評価できないですね。
勝負は来年じゃないですか?
CLとの併用でどういう選手のやりくりをするのかが試されると思います。

- Bianconero - 2012年03月03日 01:49:06

そうですね。 同意です。

なにか勝つことよりも負けないことを重視しているような気がしますね。
いかにも”セリエ”って感じですけど。

まさしく、ここに僕は惹かれてセリエが好きになりました。 やっぱりセリエ最高ですね。 イタリア代表は残念でしたけど。
お返事有り難うございました。

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。