スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベカルタ仙台

ガッピルの独断と偏見の分析です。

ベガルタ仙台(詳しい各種情報は公式HPで)

7年ぶりにJ1に復帰した昨季はなんとか最終節で残留を決めたが
途中加入の赤嶺らの活躍がなければ降格していたかもしれない。
今期は柳沢、マルキーニョスなどJ1で実績のある選手を
大型補強し、2年目のジンクスに挑む。

監督 手倉森誠

選手
 1 桜井繁        18 マルキーニョス
 2 鎌田次郎       19 武藤雄樹
 3 渡辺広大       20 マックス
 4 細川淳矢       21 川俣慎一郎
 5 曺秉局        22 石川慧
 6 角田誠        23 田村直也
 8 松下年宏       24 赤嶺真吾
 9 中原貴之       25 菅井直樹
10 梁勇基        26 大久保剛志
11 関口訓充       27 朴柱成
13 中島裕希       28 原田圭輔
14 高橋義希       29 島川俊郎
15 太田吉彰       30 柳沢敦
16 林卓人        31 斉藤大介
17 富田晋伍

新加入選手(前所属)
マルキーニョス(鹿島)柳沢敦(京都)角田誠(京都)
マックス(イパチンガ)川俣慎一郎(鹿島)大久保剛志(仙台)
曺秉局(城南)松下年宏(F東京)武藤雄樹(流通経済大学)
原田圭輔(筑波大学)石川慧(新潟明訓高校)
フェルナンジーニョ、エリゼウ、千葉といった昨季の主力が抜けたが
代わりに、柳沢、マルキーニョス、曺秉局、角田らの即戦力を獲得し
穴埋めはできた。戦力は昨季以上になっただろう。

予想フォーメーション
ファーストチョイス 4-4-2
フォーメーションは昨季と変わらないが新戦力が多い為
柔軟に対応していきたい。
VS.jpg

FW           マルキーニョス、赤嶺(柳沢、中島、大久保)
マルキーニョス、赤嶺が軸になり柳沢はベンチからになりそうだが
十分スタメンに名を連ねてもおかしくはない。中島が怪我で離脱
しているが十分層は厚い。

MF           
右サイドハーフ      関口(高橋、大口)
左サイドハーフ      梁(松下)
ボランチ         斉藤、マックス(角田、富田)
ボランチは斉藤、マックスに角田、富田と熾烈なレギュラー争いが
予想される。両サイドハーフは関口、梁で決まりだが
控えの押し上げが期待される。

DF  
右サイドバック      菅井(田村)    
左サイドバック      朴(原田)
センターバック      鎌田、曺秉局(渡辺、細川)
新加入の曺秉局はスタメンになりそうだが連携面に不安がある。
角田もCBとしても起用がだが前線に比べると選手層が薄い。

GK           林(桜井)
桜井も力のある選手だが、昨季全試合出場の林が一番手か。

4-3-3
前線の層があつくなり、3トップを試してみる価値はあるだろう。
VS2.jpg

キーマン 18 マルキーニョス
Jリーグ通算229試合出場、109得点は数いる助っ人外国人の中でも
トップクラスの実績だろう。34歳になりながらもまだまだ衰えは見られない。
仙台に活躍の場を移すが、今期もマルキーニョスからたくさんのゴールが
見られるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。