スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-2012 CL グループH ACミランvsバルセロナ

うーん・・・・いろいろ残念な試合だった\(-o-)/

ミランが負けた事もそうだし、ネスタが負傷してしまったり、審判がごにょごにょごにょ・・・。

ちなみにミラニスタの僕の見解からすればどちらに偏った審判という印象はあまりない。
ただゴール前での判定はややミランに不利なジャッジで、ゴール以外ではミランに有利な
ジャッジだったという印象でした。

まあ、よくいる典型的に悪い審判ですね。
いまいちジャッジも一定していなかったし。
ってかこの審判ドイツで選手が選ぶアンケートでワーストに輝いた人だったのね。
しかも、昨季クラシコで話題になったけどメッシファン、バルサファンを公言していた審判なのね。

まあ審判のジャッジが直接の敗因になったとは思わないけどCLという舞台で
しかもミラン対バルサという誰がみてもビッグマッチのレフェリーをこういう人に任せて
欲しくはない。
ミラニスタだから言うんじゃなく純粋にサッカーが楽しめないし、なんか後味が悪くなる。

なのでミランとしてはしっかり今回の敗戦を受け入れ反省をしていきたいですね。


で、試合内容の方はというと・・・

まずスタメンから確認すると

milan-fomation5.jpg
ミランの方はよそう通りアクイラーニとセードルフという攻撃的なMFを2枚並べて
先発に起用してきた。FWの一角にはパトの可能性もあったがよりコンディションが
整っているロビーニョを選択した。

対するバルサは右のFWにファブレガスを起用し、アルカンタラを中盤のインサイドで
先発させた。CBはピケに代わってブスケッツが入り、中盤の底にはケイタが起用された。


・セリエAではあまり見られない前線からのプレッシング
まず試合の入りから特徴だったのはミランのフォアチェックだ。
前線の3人が積極的にプレスをかけ、それに続いて中盤の選手も比較的高いポジショニング
でなんとかバルサのポゼッションを崩そうとする意図が見受けられた。

ただそのプレス自体は一定の効果はあったもののバルサの攻撃を封じるまでには
至らなかった。むしろファン・ボメルなど中盤の選手がプレスを交わされた時は
2ライン間に大きなスペースが空き、そのスペースをメッシやセスクに使われていた。
そういった試合の入り方だった為、比較的オープンな展開になる。

その中で早い時間帯に失点してしまう。
失点シーン自体はバルセロナの素晴らしい展開による失点で最後はファン・ボメルがOG
してしまったもののかなり崩された展開だったのでしょうがない部分はある。

それでもその6分後という早い時間帯で追いつけた事はよかった。
バルセロナも差ほど前からのプレッシングが厳しいという訳でもなく、ピケがいない事も
あってか、大きなサイドチェンジやイブラの高さが活きる場面が多く見られた。
得点もそういったアクイラーニの大きなサイドチェンジからによるものだった。

その他にもロビーニョが決定チャンスを迎えるなど攻撃ではいいシーンがみられた。

ただ前半31分DFラインの裏に飛び出したシャビをアクイラーニが倒してしまいPKをとられる。
確かにアクイラーニが手を掛けてはいたがあっさりシャビが転んでいたようにも見えたので
なかなか微妙な判定ではあったがそのPKで失点してしまう。

決してアクイラーニを攻めるのはかわいそうであったし、ミランとしてはそのような展開になって
しまった事をチームとして反省すべきだろう。

結局前半は2-1でスコアを終える。

後半はロビーニョに代えパトを投入し、なんとか同点に追い付こうと早めに交代カードをきった。
パトの投入の効果かどうかはあれだが、ミランが再び早い時間帯で同点に追いつく。
この得点も大きな展開からゴールで最後はプリンスが個人技でバルサの最終ラインを突破した。


しかし同点に追いついたもの後半18分再びバルサに追加点を許してしまう。
この失点もバルサの展開が素晴らしかった事はあるがシャビの飛び出しをまたしても
アクイラーニが付いていけず、今回は直接ゴールを割られた。

それでもミランとしてはホームでバルサ相手でも勝利を目指そうと切り替えようとした中
CBのネスタが負傷で自ら交代を申し出た。
代わりにボネーラが入ったがこのアクシデントはアッレグリとしては想定外だったろう。

その後、前半から飛ばしていたボメルに代えてノチェリーノを入れなんとか同点、逆転を
狙うが試合自体は落ち着いた展開になっていく。
それでも何度か左サイドからチャンスをつくるも得点は奪えず、2-3で敗れてしまう。

この敗戦でバルサは首位通過が確定しミランは2位でのトーナメントと進出になる。


・なぜハードワーカーのノチェリーノを先発で起用しなかったのか?
バルサ相手でも前回のように守備的になるのではなく積極的にボールを奪おうと
振る舞ったミランだったがなぜそれを最も実践できるノチェリーノを起用しなかったのか?
がこの試合一番の疑問で府に落ちない所だ。

もちろん、アクイラーニ、セードルフを同時起用した事で効果的なミドルパスが前線に
供給できた事は確かだがそれ以上に守備のリスクは大きかった。
アクイラーニが同じ様な形で失点シーン絡んだところを見る限り、前線からのプレスも
そうだが、中盤の飛び出しに全く対応できなかった。

ファン・ボメルが前線まで何度もプレスを掛けに行ってるところを見ると間違いなく
アッレグリが明確に指示していた事は明らか。

フィオレンティーナ戦では先発から外れたがそれはあくまでも休ませる為だと
僕は思っていた。
これまで開幕からずっと主力として起用されてきただけになおさら疑問が残る。
(僕が知らないだけで怪我などがあるなら別だが・・・・)

で当のアッレグリはというと・・・・試合後にこんなコメントを残している。

バルセロナがしてきたプレーとは違うプレーを我々はやった。
今回は我々が敗れ、残念に思っているが、この試合までと比べて自信を増したことは確かだ。
我々は素晴らしいパフォーマンスをした。それをうれしく思っている」

「このチームを相手にオープンに戦うことは、自分たちがどの地点にいるかを理解するのに
役立った。前半はより勇気を出して戦ったね。一方、後半はサイドでのスペースをより
生かさなければいけなかった」


!?・・・・・・・
つまりこの試合はあくまでもテスト的な意味合いが強かったのか?
そこまでいうと語弊があるかもしれないが
全くこの負けを苦に思っていない。

確かにミランとしては決勝トーナメント進出しているがバルサに勝てれば
首位通過の可能性が高くなる。
首位通過できればその後のトーナメントも戦いやすくなる。

それを犠牲にしてでもバルサ相手に自分の考える戦術がバルサに通用するかどうか測ったのか?

そう考えれば十分納得できる。

ノチェリーノは確かに重要なコマだがもっと質の高いサッカーをつくる為には
攻撃的な選手を起用する必要があった。
確かに守備に不安があるが世界一の攻撃力を持つバルサ相手に計算の目途が経てば
他の相手でも問題なく起用できる。

こう思うのはなかなかアッレグリが試合後にこんなコメントする事が少ないからだ。

確かに内容はバルサ相手に良い勝負は出来たとは思うがアッレグリは大抵こういう場合
バルサを褒め、ミランは反省、成長しなければならない。などのようなコメントを残す。

それなのに今回は何か違う感じがする。
重要な一戦で負け、しかも今日はホームでの試合。
悔しい気持ちが先にでるのが普通だがそんな気持ちが全く見られないようなコメントだ。

この事からもアッレグリはあえてこのような起用、戦術で今日の試合を臨んだと思われる。
そして、その手ごたえをかなり掴んでいるようだ。

確かにバルサ相手に敗れ、2位通過になってしまったのは痛い。
事実ベスト16でバイエルンやレアルと対戦する可能性があるわけだから。
それでも敗戦良しとして臨んだ今日の経験がより大きなものとしてミランに
強い力をもたらせてくれるだろう。
その事を信じ、これからのミランに期待したいですね。


ハイライト




milan-fomation4.jpg


採点(ガッピル)

ACミラン
  32 アッビアーティ  6.0 3失点は責任はない、それ以上に好セーブもあった 
  19 ザンブロッタ   5.5 メッシ、セスク、アルカンタラなどの個人技に苦しむ  
  20 アバーテ     6.0 スピードでは負けてはいないが背後の注意がやや緩慢だった  
  13 ネスタ       5.5 積極的にラインを上げる中盤に対してギャップが出来てしまった
→(25 ボネーラ)    5.5 緊急の出場ではあったが無難に試合に入れた   
  33 チアゴ・シウバ  6.0 ボメルのフォローに回る事が多かった  
   4 ファン・ボメル  6.0 いつも以上に前からプレス掛けたのは指示であろう 
→(22 ノチェリーノ)   ー
  10 セードルフ    5.5 1アシストあったものの消えてる場面も多く物足りない印象  
  18 アクイラーニ   5.5 攻撃ではいいアクセントになったが守備時の対応は良くない
  27 プリンス      6.5 何度も右サイドでバルセロナの脅威になっていた、1Gも圧巻のプレー
  70 ロビーニョ     5.0 相変わらずゴール前の精度が・・・・
→( 7 パト)       5.5 まだまだコンディションが上がっていない様子
  11 イブラヒモビッチ 6.5 高さのないDF相手では敵なし、1Gもしっかり決めた         
     
     アッレグリ     5.5 試合には負けたが収穫のある敗戦だった 

319107_10150398073811937_147054831936_8619401_270982543_n.jpg 
昨季までのチームメイト同士。一時は不仲説まで騒がれたが・・・今対峙して何を思う?

393650_10150398027816937_147054831936_8619280_802724312_n.jpg 
この男本物だ。

393650_10150398027821937_147054831936_8619281_642848352_n.jpg 
この男異次元だ。

316137_10150398074781937_147054831936_8619416_954700542_n.jpg 
「ぇっ?あなたのチアゴって言うんですか?」「ぜひバルサに来ませんか?」
「僕はミランのバンディエラになるからお断りさせていくよ。」
なんて会話があったかどうかは知らないけどバルサの求愛は続きそうだね。


310244_10150398074071937_147054831936_8619405_1691863842_n.jpg 
この二人何を考えている?
一回ベンチに潜入したいでござる。



ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif




関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

2-3でしたか・・・(´;ω;`) - エリトナン - 2011年11月25日 00:59:15

試合は見てはいないのですが、
バルセロナに、2-3で、負けてしまいましたか・・・。゚(PД`q*)゚。

このビッグマッチにはふさわしくない審判さんには残念です。

試合は負けましたが、収穫のあった試合であったことは、
次の対戦に期待ができますね!(*^_^*)

ミランは、2位通過。
あたってほしくないなぁぁ(;^ω^)コマター

エリトナンさん - ガッピル - 2011年11月26日 11:15:09

残念ながらバルセロナに勝利するには今のミランでは無理でした\(-o-)/

レアルとの対戦は非常に観たいですが2年連続ベスト16で散るのはやだおー(*_*)
まあ相手がレアルだったらしょうがないですが・・・。
できれば決勝もしくは準決勝あたりでお願いします<(_ _)>

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。