スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンフォーレ甲府の目指すべきところ

今こそ目を向けたい「18歳以降の仕上げの育成」 (1/3)

上のコラムを読んで少々思った事があります。

うちのルーキーはどうだったっけ?

GK:22 岡大生(駒沢大学)
MF:24 堀米勇輝(VF甲府ユース)
FW:32 加部未蘭(山梨学院大学付属高校)

堀米は昨季トップ昇格しましたが事実上は今年がルーキーイヤーでしょう。

ってか少なっ!!

良く考えると今期は大方、他のクラブからの補強で新人選手はこの3人だけだったんですね。

うーん、まあJ1残留を目標としているクラブだからしょうがないと思うけど・・・・。

でも正直甲府の目指すべき姿じゃないよね。


確かに実績も経験もある選手を安価で補強できるならばそれに越したことはないけど
それで才能ある若手の成長に影響があるならば意味がない。

甲府は本来資金力のあるチームじゃないし今後も甲府市を中心に山梨県という地域に根差して
いるクラブでいる限り、大きなスポンサーが付き贅沢な資金のある浦和や名古屋といった
強豪クラブの真似は出来ないでしょう。

日本では全く見られないがヨーロッパの小さなクラブは才能ある若手を発掘し育て
ビッククラブに高額な資金で売却する事で経営を成り立たせている。

海外への進出が目覚ましい昨今おそらくJリーグもこのような土壌が今後築かれていくもの
だと思います。

その中で我が甲府もこういった一貫性のある方針に今後切り替えていって欲しいと思ってます。

ただしいろいろ懸念されることはたくさんあります。
練習環境を観る限り、専用の練習場がなかったり、クラブハウスがなかったりと・・・・・
選手が伸び伸び練習する環境が整っていません。


もちろんその原因は資金不足です。

資金を得るためにはやはり大きな企業がスポンサーになってもらうこと。

それにはJ1での結果が必要。

しかし、結果が必要だから設備投資に費用が回せない。

まさしく悪循環に陥っている。


とはいっても昔の甲府から考えれば着実に成長してる事は確か。

前節のマリノス戦で通算来場者数が200万人を超えたし、サポーターの数は安定していきた。

今後は上記で書いたようにどのようなクラブを目指すべきか舵を取る必要があるのではないか?
と考えていかなければいけない時期だと思う。


ただ、先ほど言ったように悪循環に陥ってる事も確かで今すぐできるような状態でもない。

今期のリーグ戦も仮に残留したとしても、中心選手の引き抜きは避けられない状況で
またもやその穴を埋めるべき選手に費用を投じなければいけない。


しかし、甲府には山梨学院という素晴らしい大学及び高校のとの提携も存在している。
Jリーグではなかなか見られないケースだがこのモデルケースは今後日本のサッカー
及びJリーグの中で確立していくような気もするだけに可能性は大いに感じる。

特に山梨学院付属高校は徐々にその名前を全国に売れつつある。

その流れにぜひヴァンフォーレ甲府ものっかりたいものです。

プロのクラブチームが大学や高校の施設に頼ってもいいじゃない。

むしろ高校や大学での育成環境が整っている日本ならではだと思います。

もっともっとその関係を深めてお互いに成長していくことを期待したいです。
(こう思うからこそ白崎には・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。)


こんな残留争いをしている時期に書く事ではないが海野社長をはじめ佐久間GMには
こういった将来の事考えてもらいたいとその記事読んで思いました。



ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたします。m(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- junchang - 2011年11月08日 23:56:21

僕も以前ネタにした事がありましたが、Jリーグはヒエラルキーがはっきりしていないと思うんですよね!欧州メジャーは大体ヒエラルキーとして3階層に分かれてると理解してます。ヨーロッパでもビッグクラブといわれる常勝を義務付けられたクラブが3~4.4半世紀に1回優勝できれば良いくらいの中堅どころが3~4.下層リーグに降格しないようにがんばるクラブが3~4.
そして中堅は育成枠半分、外部から獲得半分。下位クラブは育成に力を要れ正に選手を育てて売ることで経営を成り立たせる。
それ以外の例えば下層リーグから昇格したようなクラブは他所のクラブで戦力外になったような選手達を集めて体裁を整える。

Jは昨季まで2部にいたクラブが優勝争いをすることが出来、昨シーズンまで上位争いをしていたクラブが2部落ちをするリーグですから何となくヒエラルキーの線引きが中途半端な気がしてならないのです^^

junchang さん - ガッピル - 2011年11月09日 00:58:52

全くその通りですね。
Jだけを考えればみな実力が同じで面白いでしょうがACLなんかみると
その影響がもろにでてるかなあと感じています。

リーガのようなヒエラルキーはいかがなものかと感じますが
ある程度、世界とも対等に渡り合えるビッククラブは必要だと思いますね。

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。