スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1 第31節 ヴァンフォーレ甲府vs横浜F・マリノス

まずこのレポを書く前に何度キレそうになった事か・・・(; ・`д・´)。

とりあえず磐田が浦和に対して3-0というリードを見届けてちょっとほっとしてるので書きます。



まあ、なんといっても今日の敗因は1点リードしたまま迎えた残り10分の終わらせ方。


全後半通して甲府にはなかなかチャンスはつくなかった。
ただ、マリノスもミスが多く、そんなに甲府が押し込まれているという印象はなかった。
どちらもお互いのミスに助けられてずっと時間が過ぎていったという試合展開だった。

その中で、FKから貴重な先制点をあげたのは甲府だった。

その後マリノスは小野、森谷というフレッシュな選手をいれて攻撃の活性化を図った。
特に小野の存在は甲府にとてかなり脅威だった。
スピードはもちろんだがサイドに流れて起点をつくり甲府の陣形崩す大きな役割をしていた。

そういったマリノスの攻撃にただただ受け身になり中盤を支配され、DFラインがずるずる下がり
失点に繋がってしまった。

まあ局面で言えば1点目はしょうがないにしても、2失点目は完全にダニエルと荒谷の連携ミス
とその後のダニエルの判断ミスが重なった失点でどう考えても許しがたいミスだった。

さらに同点直後のパウリーニョがGKと1対1になった場面でシュートという選択肢よりもPKを
もらいに行った判断ミスからの嫌な流れもあった。

消極的になってしまったプレーの連続が逆転に繋がってしまったとも思える。

80分まではミスは多かったものの先制点もあげ我慢して粘り強く闘っていたが
守りに入ってしまった残り10分で全てをひっくり返された。
というよりも自らその逆転を導いてしまった。

ミスをした事もあるがそれ以上にどう試合を終わらせるかがチームとして意識統一
出来ていなかったしそれを未然に防ごうと鼓舞する選手がいなかったように思われる。

1点リードしていて守りに入る事は決して悪くはないし、大抵の場合それがベターな選択である。
ただどういう風に守るかはそれぞれ良し悪しがある。

今期の甲府は開幕から中盤を制圧されるとDFラインがどんどん下がり、左右の揺さぶりや
クロスに驚くほど弱く失点するのがお決まりのパターンだった。

そのような部分が一番大事な残り10分でも出てきてしまうから、攻勢になる相手に対して
守りきれないのだと感じた。

良かった時の甲府の守備、「コンパクトな陣形を保ってしっかりハードワークする。」を
もう一度思い出すべきだと思う。
決して押し込まれてもDFラインを下げずに勇気を持ってプレーして欲しい。

まあ、これが目に見えない残留争いをしているプレッシャーなのかもしれないが・・・・。

次節は2週間空いて19日にアウェイで磐田との1戦です。
おそらくこの日はU-22組が招集され出場が出来ない可能性が高いです。

まだ発表されてないので分かりませんが磐田の山崎は確実に招集されるでしょう。
今日の浦和戦でも非常にキレていたしこれは甲府にとっては助かる。

がしかし、甲府も吉田が招集される可能性もある。
これは微妙なラインだが招集されれば甲府にとっては大きな痛手。

さらにパウリーニョもが累積警告で出場停止。
なかなか苦しい台所事情になりそうだがこの中断期間を利用して残り3節もう一度
気合いを入れて戦い抜いてもらいたい。




2011-11-03-kofu-yokohama.jpg
 

採点(ガッピル)

  21 荒谷弘樹   6.0 失点には絡んだものの何度か素晴らしいセーブもあった  
   6 吉田豊    5.5 タイミング良く前線に上がるも味方とのパスが合わなかった
   5 ダニエル   5.5 判断ミスで失点献上するも空中戦はやはり強かった 
   3 富田大介   5.5 大黒にやられたものの粘り強く対応していた
  17 津田琢磨   5.5 攻撃面での貢献度は少なかったが守備では集中していた
→( 2 小林久晃)  ― 
  28 井澤惇    5.5 あまり攻撃に出ていく時間はなかったが守備で貢献
→(27 伊東輝悦)  ―
   4 山本英臣   6.0 粘り強い守備で中盤を支えたがチームを鼓舞できなかった 
  18 柏好文    5.5 なかなか守備に回る事が多く、持ち味は出しにくかった
→(16 松橋優)   5.5 チームが劣勢な中守備に奮闘した 
  20 片桐淳至   5.5 今期初ゴールは今日もおあずけ
  10 パウリーニョ 5.0 せっかくのチャンスも潰し、さらにイエローで次節出場停止
  14 マイク     6.0 FKのこぼれが転がってくるあたりはのってるだけある

     佐久間監督 5.0 勝利を掴みかけたところで無様な逆転を許してしまった


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- KKGT-R - 2011年11月04日 07:11:50

一夜明け、冷静になってみて、
鞠の小野。
あの18歳はいいね。

ああいう18歳が甲府にも欲しいよ。

KKGT-R さん - ガッピル - 2011年11月04日 19:35:27

まあ小野はあの年代で別格ですからね。

うちのゴメスもミランももう少しは台頭すると思ってたんですがねえ。

もし降格になった場合はある程度のベテランを切って若手に切り替えて欲しいです。その為には良い若手が来てもらえるような環境作りが必要ですが・・・・。

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。