スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナビスコカップ決勝の雑感

たまにはミランや甲府以外の試合も書かないとね。

っていってもそんなに詳しい知識も気力も時間もないのであくまでも只の感想です。



フォーメーション
20111029-urawa-kasima.jpg


終始試合のイニシアチブを握っていたのは鹿島。
両SBがかなり攻撃的に出る事で浦和のストロングポイントである原口、梅崎を攻撃に
専念させないよう試合を進めていった。

それにはしっかりとしたボールポゼッションが必要な訳だが小笠原を軸としたテクニックのある
中盤と大迫、興梠という動き出しに優れた両FWに中盤やSBが連動する事でそれを遂行した。

逆に浦和はボールを奪っても、クリアが簡単に相手に渡ったりと良い形でボールを運べない。

カウンターでたまにチャンスをつくるがあくまでも個人技での強引な突破だけで単調な攻撃に
なっていたのは否めない。

後半山田が退場したことにより試合展開は一方的に迎え、いつ鹿島がゴールを奪うかが
焦点になっていたが今期悩まされ続けてきた決定力のなさがこの日も出てしまうことになる。

その後、鹿島にも退場者が出るという(微妙な判定だったが)事態になり浦和にも勝利の
チャンスが巡ってくると思われたが10人対10人でも試合の構図はそれ以降も変わらなかった。

田代、ガブリエルといった攻撃的な選手を投入し、延長前半終了間際、遂にゴールをこじ開け
待望の先制点を奪う。

それまで何度か決定的なチャンスはあったが浦和の粘り強いDFに加え、加藤のファインセーブ
もあり、ギリギリのところで守っていた。

1点獲られてことで最後なんとかシュートチャンスまで持っていくが終始守備に追われていった
疲れがでたのか最後の踏ん張りがなくゴールを奪えない。

最後は鹿島のお家芸でもあるしたたかさを見せ、ナビスコカップを制した。



やはり率直な感想としては鹿島の試合運びのうまさこれに尽きる。

レッズのストロングポイントを上手く消して、逆にSBからの攻めが一番相手に脅威を持たせた。

逆にレッズはそうした駆け引きで後手に回り、攻撃も明確な形がない為、行き当たりばったりで
ほとんどチャンスらしいチャンスはつくれなかった。

両リームとも退場者が出るという、慌ただしいゲームだったのが少し残念ではあったが
両サポーターが駆けつけ真っ赤に染まったの国立の舞台はまさしく決勝の舞台に相応しかった。

できればああいう雰囲気を普段のJリーグでも観たいものだ。


最後に個人的に注目していた柴崎 岳 選手。
最初はあまりボールタッチも多くなく、攻撃的に出るSBをケアする意識が強かったのか
守備に徹する事が多かった。

後半相手に退場者が出てやっと持ち味のらしさを出すようにはなったが
まだまだ鹿島のメンツの中では存在感があるとは言い難い。

それでも延長後半クロスバーにあてたシュートなんかみるとやはり潜在能力の高さを伺える。

とりわけ今日の試合で感じた事は守備でのポジショニング、競り合いがしっかりできている事
試合を進めていく上でベテランのようにたんたんとプレーする姿勢。
こういう大舞台でも全く緊張が見られず、大物感が漂っていました。

僕の中では試合を観る度に評価がグングンと上がってきています。

間違いなく遠くない将来、遠藤の後継者問題は解決していると確信しています。


スコア

浦和レッズ
 0-1 鹿島アントラーズ
goal 大迫(105分)


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif






関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。