スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1 第30節 清水エスパルスvsヴァンフォーレ甲府

うーん、悔しい。

サイドで主導権握られるのは予想してたけど3-0の完敗とは・・・。

清水との力関係もあったけどやっぱ簡単にサイドに展開されて1対1という局面を
つくられてしまった事。これに尽きると思う。

ガンバ、セレッソで見せたように今の甲府は、前線からのチェックで相手のビルドアップを乱し
コンパクトな守備陣形で数的優位をつくり出しボールを奪取しそこから攻撃につなげる。

今日はワイドにはった選手中盤からDFラインが広げられてしまいサポートする距離が遠かった。

特に大前のいる左サイドでそういった事が良く見られていた。

大前はまずDFからのビルドアップをワイドに張ってボールを受ける。
そこから中へ切れ込み、SBがあがるスペースをつくる。

このとき甲府は内山がマークに付いているのだが1対1でボールを奪える状況ではない。
なので近いボランチの伊東、CBの富田サポートに入る。
ただこのサポートもコンパクトな陣形であれば時間も差ほどかからず行けるのだが
今日は上記で書いたようにDFラインが広げられているので多少時間が掛ってしまう。

大前も絶妙に甲府のDFが集まってきたところで次のプレーに移行する。
その選択肢は
①オーバーラップしてきた辻尾にパスを出す。
②単純にファーサイドで待つ高原にクロスをあげる
③SB、CBの間に空いたスペースに飛び込む小野、アレックスにスルーパス
④自分で中へ切れ込んでシュート

清水vs甲府4

④はなかなかなかったがそれもで3つの選択肢があった。

甲府の守備は大前に対してボールを獲ろうと囲みにいくがそれが却って守備のスペースを
空ける事になってしまい、たとえクロスを跳ね返しても中盤でセカンドを拾える状態ではなかった。

清水のインサイドのアレックス、小野もそこらへんの判断が絶妙で
飛び込む時としっかりセカンドもしくは下がってミドルを打てるポジショニングを獲っている。

同じ様な攻撃はもちろん左サイドでも行われていた。

清水にとっては例えサイドに展開さえしてしまえば失敗しても大抵タッチラインで
プレーを切る事が出来る。
仮に奪われても甲府がカウンターするまで時間が掛るし、サイドから前線に入った縦パスを
よく岩下が対応してカウンターの起点を作らせなかった。

甲府としてはサイドで押し込まれる展開が続いたのでSHや両ボランチもしくはDFラインが
ずるずる下がったことで攻撃にも時間が掛かかり良い形でカウンターが出来なかった。

それでも失点するまでは攻撃も守備も清水相手に互角の状態が続いたと思う。
特に決定的なチャンスもいくつかはあった。

片桐、マイクの判断ミスだったり微妙な判定でマイクのPKが見逃されたりと・・・・。

先制点さえ奪えていればしっかり守って相手のスペースを消してカウンターという構図
が明確に形成出来たのだが逆に先制点を奪われた事で攻撃に行かなければならなかった。

そこで同点にでも追い付ければいいのだが最悪の時間帯(前半終了間際)で2失点目。

こういう展開は何度見た事か・・・・。

後半は余裕が出来た清水がしっかり守ってカウンターと甲府がやりたかったサッカーを
リュングベリという演出も入って存分に格の違いを見せられた。


まあチャンスも清水が多かったし妥当な結果といえば妥当なんだが
もう少しなんとかならなかったのかなと思う。

特に攻撃は徹底してDFラインの裏を狙ってシンプルに行くべきだったんじゃないかなと感じる。
自分たちのリズムで試合が運べなくても我慢して我慢してワンチャンをものにするような。

清水の両CBは前には強いが後ろには弱いし、両SBの裏も比較的空いている。

後ろが守備に追われてなかなか良い形で前線まで運べなかったのもあるが
片桐、井澤がやや不調というかミスが多くチャンスをつくれなかったことも痛かった。

あと守備もサイドの揺さぶりに弱いんだからあえてサイドはある程度自由にさせて中に入る
クロスやドリブルだけに注意すればよかったんじゃないかなあとも思う。
ダニエルが復帰して、伊東、山本という守備的な選手をボランチに据えているのだから。

まあ、そう何度も良い試合ができないからこの順位にいるわけで今日の試合は割り切って
相手が強かったと思って切り替えるしかない。
修正すべきところは修正しなければいけないが・・・・。
甲府には先制点を獲るか獲られるかが全てのような気もするけど・・・・。


にしても開幕前は降格争いに入るような予想も見られたが今日の試合を観て
その予想が安易で間違った事であったと確信しました。
清水はこの先上位陣との戦いも控えてるけどモチベーションさえ高く保てば
優勝争いを引っ掻きまわす嫌な存在になりそう。
来季辺り、高原、小野のコンディションさえ保てば上位もしくは優勝争いしそうな
そんなチーム力を感じました。
白崎の加入も決まってるしね・・・(甲府に来てくれなくてがっくしです_| ̄|○)

ホームの雰囲気もいいしね。
また来季もアウスタで試合できるようあと4試合勝って残留を勝ち取らなければ。


フォーメーション
 清水vs甲府2


スコア
清水エスパルス 3-0 ヴァンフォーレ甲府
goal  高木(36分) 小野(46分) 大前(66分)
なんで終盤なのに調子上げてくるのさ。
枝村とか村松使わないなら下さい。

採点(ガッピル)

  21 荒谷弘樹   5.0 失点はいずれも責任はないがフィードが不正確だった  
   6 吉田豊    5.5 相手の厚みのあるサイド攻撃に手を焼いた
   5 ダニエル   5.5 やはり1対1での強さはあるんだがチームとして活かせなかった 
   3 富田大介   5.0 カバーするのか中をケアするのかやや中途半端だった
→(25 市川大祐)  5.5 1回イイクロスをあげてチャンスをつくったが・・・・
   4 山本英臣   5.0 巧みなパスワークに対応が遅れる 
  27 伊東輝悦   5.0 フィジカルやキレのある選手の対応に苦しむ
→( 8 養父雄二)  5.0 試合の大勢は決まっていたが最後のチャンスは決めなきゃ
  20 片桐淳至   5.0 判断ミスや消極的なプレーが見られた
  28 井澤惇    5.0 守備に回る時間が多く攻撃にまで力を注げなかった
  10 パウリーニョ 5.5 裏への飛び出しはチャンスになりそうだったが・・・
→(18 柏好文)   5.0 決定力がないとこの先厳しいぞ
  14 マイク     5.5 能力の高さは見せてはいるが結果に結びつかず

     佐久間監督 5.0 相手のサイド攻撃を止められず敗北、1試合で降格圏へ転落


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif





関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。