スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本vsベトナム 試合終了直後の雑感

 うーん、何とも言い難い試合だった。

甲府サポとしてはマイクが出れなかったのが非常に残念です。

おそらくほとんどの方が試合をみてらっしゃると思うので見終わった後の印象と
選手それぞれのパフォーマンスの出来を書いていこうかと思います。

とりあえずフォーメーションから
前半 3-4-3
10-07-japan.jpg 

後半の4-5-1
10-07-japan2.jpg 

試合全体を通してあまり試合出場の機会がなかった選手が入った事もありチームとしての
機能性はどちらも欠けていたように思う。
ただ、僕個人としてはどちらかというと3-4-3の方がポジティブな印象があった。
特に細貝、長谷部の両ボランチが高い位置で奪い、相手を押し込んでいくプレーは
遠藤不在を違うアプローチで解決する方法になるんじゃないかと思った。
ただ、内田も本田も吉田もいなく縦パスをいれたりボールを散らす選手がいなかった
影響はみられのは事実でなんとか藤本がサイドで起点になるくらいだった。

あとは香川の調子の悪さが影響したのか差ほど長友の良さを生かせなかった左サイドは
改善の余地が大いにありそう。
香川の不調はどうしようもないがもう少し槙野と長友に展開力がつけばもっとよくなるとは思う。

中央を長谷部、細貝のハードワークで引き締め、サイドに人を懸け数的優位をつくって攻略する
試合展開はよかったがそういう攻撃をするならマイクを見たかった。
それを一番に思った前半だった。



後半は選手を4人入れ替えた4-5-1ではやや選手交代の影響もあってか落ち着きの欠ける
試合展開だった。
4-5-1では細貝、阿部の両ボランチではトップ下に憲剛がいる為、逆に前に出ずらく
それこそ遠藤のような捌けるボランチが必要だった。

それと、ドイツでも出場機会がなかった本職のSBではない槙野が4バックのサイドを
担うにはやや厳しかった。
まあ、前に原口というアタッカーがいたからあまり、上がる必要性がなかったのだが
途中で怪我をしたように体力的にもきつかった部分はあったのだろう。
逆に右SBの駒野は前半の3-4-3でやや迷いが見られたが4バックに入った後半は
しっかりサイドをあがってクロスをあげられる場面が増えた。
が精度がなかったのは残念だった。
結局4-5-1の方が機能しなかったんじゃないかと思わせる展開で、2度3度の憲剛の
おしいスルーパスがあったがいずれもオフサイドの判定。
むしろ今まで慣れ親しんだシステムでそういったチャンスしかつくれなかったのは
非常に厳しいと言わざるを得ない。
ベトナム選手の予想外の上手さ、強さに驚きはあったものの今日の代表のパフォーマンスで
納得できたサポーターは1人もいないだろう。
親善試合とはいえ非常に手厳しい内容だった。

解説の松木さんがtwitterで試合終了後に「チャレンジカップなのにチャレンジしなかった」との
ツィートがあったが非常に的を得た発言だと思う。
システムが機能するかしないかというよりも、今日の試合では普段試合に出ていない選手が
どこまでやれるのかそこをザックも期待していたはず。
そこが全く出来なかった、見られなかった事が非常に残念な試合だった。

最後に採点

西川:6.5
仕事自体は少なかったが後半ビッグセーブを2回見せ無失点に貢献。

今野:6.0
ひやっとする場面が1回あったが他はよくDFラインをまとめていたと思う。

伊野波:5.5
ややボールを触る回数が少なかく評価がしづらい。もう少し時間を与えてもよかった。
→栗原:6.0
あまり印象は少ないが鋭い出足、1対1の強さはみせた。

槙野:5.5
気持はよく見られていたが先発を担うにまだまだ足りない部分は多い。
→吉田:6.0
ビルドアップの精度はさすがといったところ

長谷部:6.0
もっと積極的にいってもいいと思う。特にミドルとかは。
→阿部:6.0
ボール処理を1回ミスしFKを与えたがそれ以外は安定したパフォーマンス。

細貝:6.5
遠藤の後釜という評価ではいまいちだが単純に個人の出来はかなりよかった。
とくに前線でのボール奪取は数え切れないほど。

長友:6.0
鋭い出足なんかはさすがと思うが自慢のドリブル突破、オーバーラップはほとんど
出せなかった。あとは組み立ての質の改善を求めたい。
→中村:6.0
後半の中盤までは全く持ち味がでなかったが最後に2回ほどいいスルーパスも。

駒野:5.5
前半はややポジショニングを意識しがちで後半はプレーの精度がなかった。

香川:5.0
判断の遅さ、迷いがあり、積極的な姿勢も見られなかった。
→原口:6.0
デビュー戦を考えれば次第点の出来。
あとはドリブルからのシュートにもっていけるカタチを増やしたい。

藤本:6.5
今期は名古屋で真ん中インサイドをやってる事が多いがやはりこの人はサイドに適性がある。
中に切れ込んでドリブル、シュート、パスの選択肢があるのは相手にとってやりにくいだろう。

李:6.0
1点をとったものの、ワントップの座を確保できたとは言い難い。
全体的に満遍なくこなせるのはいいが小さくまとまるのは危険。

ザッケローニ監督:4.0
チームとして積極的な試合運びが出来なかった。
采配も良くなかったし、3-4-3も貫いて欲しかった。





ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。