スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1 第28節 ヴァンフォーレ甲府vs川崎フロンターレ

うーん、悔しい><

悪くはない内容だったのになあ、残念_| ̄|○

川崎の選手(特に杉山)もいいプレーしてたし切り替えるしかない。

まあ、一応反省はしっかりなしと。

ってことでいつも通り試合直後の雑感的な分析から。

甲府vs川崎2

まずフォーメーションから確認すると甲府は前節のG大阪戦とメンバーは全く一緒。
川崎はDFラインにベテランの井川、若手の實藤を起用してきた。
前線は矢島の先発も予想されたが小林、ジュニーニョという選択を相馬監督は選んだ。



・決めきれなかった甲府

試合はどちらも負けられないという気持ちがあったのか慎重な試合運びだった。
ホームの甲府は前節のいいイメージがあったのかホームでありながら、リスクを犯さずに
シンプルに攻撃を組み立てる。
川崎もしっかりとした守備ブロックを築きながら攻めに入る時はジュニーニョのスピードを
活かそうとこちらもシンプルに裏を突こうとする意識が感じられた。
そういった緊迫する立ち上がりから両チームともしっかりとシュートまで持っていく攻撃が
見られどちらに流れがいくか綱引きをしているかのようだった。

そんな攻防の中でも決定的なチャンスは甲府の方が多かった。
マイクがオフサイドラインぎりぎりで抜けだしたチャンス、セットプレーからのチャンス。
少なくとも2回はあった。
マイクのシュートは枠外、内山のシュートは杉山のファインセーブに阻まれた。
逆に川崎は中盤でボールを奪うと早い展開から甲府のDFをサイドに揺さぶり
最後は小林が落ち着いて決め、先制点を奪うなどカウンターの精度が高かった。

前半の印象としてポゼッションが高かったのは甲府の方だろう。
しかし川崎は前節の甲府のようにしっかりとした守備からカウンターを狙うという
チームの意思統一がしっかりされていた。
甲府も出来れば相手にボールを持たせてカウンターを狙う試合運びを狙いたかった
かもしれないが川崎の方が巧みだった。
まあホームという事を考えればボールを保持するのはしょうがない。
それは決して悪い事ではないし前掛かりになることも致しがたない。
何度もチャンスはつくっていたし、得点さえ奪えていれば試合展開は逆になっていたはず。



先制点の重み
後半は前半以上に得点が欲しい甲府が前掛かりになり、カウンターを狙う川崎という
構図が顕著になった。

甲府は早い段階でダヴィ、市川を投入するもあまり効果は得られなかった。
しかし、井澤や柏がゴール前に飛び込むなど欲しいチャンスをつくったり
ダヴィが股を抜くパスからパウリーニョが決定的チャンスを迎えるも
杉山のファインセーブにあって決めきる事が出来なかった。

そうした甲府攻撃にさらされながらも川崎はしっかりと集中力を保ちながら
攻撃に移った際には甲府のゴールマウスを脅かすような鋭いカウンターをみせた。
甲府の方はそういった川崎のカウンターのケアに苦しむ事によって
なかなか攻撃だけに専念出来ない部分があった。
こういうところはさすが川崎というべきなのだろう。

結局、終盤に養父(元川崎)を投入して最後の攻撃を仕掛けるものの
ゴール前の精度を欠き、同点ゴールを奪えずタイムアップを迎える。

甲府にとっても決して内容は悪いものではなかった。
チャンスも多くつれていたし、守備でも崩されたものの最後まで1失点に抑えた。


結果的には先制点を決めた川崎が自分たちのプラン通りに進める事が出来
決めきれなかった甲府が相手のプランを打開するような攻撃ができなかったと言える。

予想プレビューで書いたように意外性のある攻撃があまりなかったのも原因かもしれない。
前半のセットプレーなどはマイクをおとりにしたいいプレーだったが後半はやや淡泊なところが
見受けれ、前半からの攻め疲れのようなものがあったのかつまらないミスも見受けられた。

やはり、先制点というものがいかに大事か思い知らされた試合だった。
先制点を奪えれば精神的にも余裕が出来るし、何より自分たちの想定した
プランに持っていきやすい。
逆にいえばそれをさせなかった川崎のプランが一枚上手だったとも言えるかもしれない。



非常に悔しい試合にはなったが次に切り替えるしかない。
アウェイ2連戦が続きダニエル、内山の出場停止も重なるがもしかしたら
ボールを手放せる分、今の甲府はアウェイの方が戦いやすいのかもしれない。
まだまだこれで終わったわけではないので次節に期待したい。



スコア

ヴァンフォーレ甲府 0-1 川崎フロンターレ
goal 小林(25分)
勝負強さ、決定力、精度はまだまだ、川崎とは差があるのかなあ・・・。

 
採点(ガッピル)

  21 荒谷弘樹   5.5 ややパンチングが小さかった 
   6 吉田豊    5.5 対人の強さで守備に奮闘するも攻撃では精度がなかった
   5 ダニエル   6.0 守備以外でも積極的に攻撃をする姿勢もみせた 
   3 富田大介   6.0 身体を張った守備でピンチを防ぐ
  13 内山俊彦   5.5 前半から飛ばしたせいか後半はスタミナ切れ
→(25 市川大祐)  5.0 あまりクロスを上げられるようなシーンはなかった
   4 山本英臣   5.5 前掛かりになるチームをコンパクトにできなかった 
  18 柏好文    5.5 いいところまではいくが最後の粘り、決定力が足りない 
→(11 ダヴィ)    5.0 強引にいきすぎてボールロストが目立った
  20 片桐淳至   6.0 よくボールに絡みチャンスを演出するが・・・・
  28 井澤惇    5.5 前線に飛び出すなど攻撃にアクセントを加えた
 →( 8 養父雄二)  ―
  10 パウリーニョ 6.0 一番危険な存在になっていたがシュートは不発
  14 マイク     5.5 前半の決定機を決めていれば・・・

     佐久間監督  5.5 内容は悪くなかったが試合運びは川崎が上だった


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- KKGT-R - 2011年10月01日 19:03:36

全てにおいて、川崎が僅かに上で、
それが積み重なっての0-1のスコアかなと。

KKGT-R さん - ガッピル - 2011年10月01日 19:11:04

そうですね。
甲府も決して悪くなかったですし、川崎のここ一番の勝負強さを感じました。
あとは決定的なピンチを塞げるGKがいるとやはり違いますね。
ああいうところで失点を防げればチームも楽になるというか
流れを持っていきやすい。

残留 - みずいろ - 2011年10月03日 21:18:05

浦和負けてるし頑張れ甲府!!!!

甲府はいいチームですね。

ふろん太もヴァンくんが大好きみたいです(笑)

みずいろさん - ガッピル - 2011年10月03日 22:50:44

はじめまして。
コメントありがとうございます。

みずいろさんは川崎サポの方かな?

J2から上がってJ1に定着したクラブはいくつかありますが攻撃的なサッカーで優争いできるような強豪クラブまで成長したことはホント素晴らしいクラブだと尊敬しております。
また、甲府も川崎さんのようなチーム像を目指すべきなのではないかなと思っています。

その為にも今期は必ず残留してまた来季もぜひ対戦したいですね。
あと、ふろん太君とヴァン君の友情の為にも・・・。

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。