スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想プレビュー J1 第28節 ヴァンフォーレ甲府vs川崎フロンターレ

もう10月ですね~。

もう2011年もあっという間に終わっちゃいますね~。

ってのんきな事言ってる場合じゃなかった。

そう、明日は3連勝を懸けて川崎フロンターレとの1戦です。

そう、J2初年度さっさと昇格を決めてJ2を卒業した川崎フロンターレ
途中何年かは戻ってきましたがあっさり勝ち点100以上を叩きだしJ2のクラブに
格の違いを見せた。
そこからはもうJ1に定着するどころか優勝まであと一歩の2位に3回もなって今や
Jリーグの強豪クラブにまでなってしましました。

明日は甲府が成長したところを見せる番です。

しかし、前節G大阪に勝利はしたものの厳しい状況はいまだ変わらず。

何人かの選手達に黄色いお札がいっぱい付いていますし、とにかく1戦必勝。

えーJ's GOALというサイトでヴァン君とフロンタ君の仲睦まじい、やり取りが
されてるわけですが試合ではきっちり勝ち点3を頂いてお帰りしてもらいましょう。



それではまず甲府の予想フォーメーションから
甲府vs川崎
前節G大阪戦からの変更はなさそう。

川崎はあまり情報がない為、差し控えますがDFの田中祐介、菊地光将が出場停止です。
DF面に多少の不安を抱えている事は否めないでしょう。
しかしながらここ数試合はしっかりと守備ブロックを形成する試合運びをしているようです。
攻撃は今更いうまでもなく、憲剛を中心に山瀬、ジュニーニョ、矢島と縦に早い攻撃をしてきます。
カウンターサッカーを苦手としている甲府にとってはG大阪以上に手強い相手かもしれません。

甲府の戦いかとしては前節のいいイメージがあるでしょうからコンパクトネスを意識した
スモールフィールドを形成しながらしっかりとした守備を軸に試合を進めていくでしょう。

そうした場合に川崎がどう出てくるかがまずは注目のポイント。
前半戦の調子のいい川崎ならどんどんイニシアチブを握って攻撃に重点を置いてくるだろう。
そう、前節のG大阪のように。
しかしながら明日の試合はどうなるか予想できません。
ここ最近の川崎の戦い方、残留争いというお互いの状況、主力不在、アウェイでの戦い
こういった状況からあえて甲府にボールを持たせ前掛かりにさせたところでカウンターを
狙ってくる可能性も大いにあります。

もしそうなった場合、甲府としてはおそらくホームですしどんどん攻勢を仕掛けて
得点を奪い行くでしょう。
そこで得点を奪って主導権を握れればいいがもし奪えない状況が続けば前節のG大阪の
ように甲府の攻撃が川崎の守備陣にリズムを与え、それが攻撃陣に移るなんてことも。


そこで甲府の攻撃に求められる事は意外性
普通サッカーの守備と言うものはセオリー通りに守る事が一般的だ。
セオリーはもちろんチームごとに違うが
例えばマイクにつくのは空中戦に強い選手が必ずマークにつくとか。
パウリーニョには裏の飛び出しに気を付けるとか。
片桐がボールを持ったら左を切れとか。
組織で言えばゾーンで守るとかマンマークで守るとか・・・・・
いろいろあるが基本的にはチームの決めごとがあってそれを遵守しながら守る。

それを完璧に遂行したのが前節の甲府だった。
ガンバ大阪の攻撃の起点になる縦の楔のパスが入った瞬間に必ずボランチが
挟みこんで何度もガンバ大阪の攻撃の芽を摘んだ。
おそらく相手チームの分析を重ね、1週間みっちりシュミレーションした賜物だろう。

仮に明日の試合で甲府がそのような状況に陥いるかもしれない。
だからこそ守備側にとってセオリー外のプレーになれば必然とチャンス巡ってくる。
しかしながらセオリー外のプレーをするという事は普段やらないようなプレーに
繋がってくるかもしれない。
それがミスに繋がりピンチを招く可能性も十分にある。

だから試合の流れ、ポジションなどの状況を考えた上でチャレンジする必要がある。

最近で言えばマイクの裏への飛び出しもいい例になる。

マイクといえばまずは高さを封じる事を前提に考える。
もちろんあの身長と決定力を考えれば当然だがそれをおとりにして裏への抜けだしから
得点を奪えているのが現在のマイク。
大抵マイクに対しては大柄な選手が付くはずでスピードやアジリティのない選手が多い。
そこを上手く付ける意外性がマイクにはある。
特に川崎DFはそういった問題なさそうなプレーをルーズに対応をする場面がよくある。

そういった状況を作りだせるかが明日の鍵になると思う。
それには安定した守備も不可欠。
ここまでは川崎の守備に対してのことで書いたがもちろん川崎は攻撃に長があるチーム。
軽い対応、安易なミスによってピンチを作られる回数が多ければ多いほど甲府にとって
リスクを犯せる勇気がなくなってくる。

なので明日の川崎戦は・・・・
前節のように選手間の距離をコンパクトに保ちしっかりとした守備でリズムをつくり
攻撃は大胆なチャレンジをやりきることがポイントになるのではないかと思います。

川崎もここで負ければ甲府との勝ち点差はマイナス4。
残留争いに巻き込まれるなんてことも考えられる。
非常に気持ちの入った面白いゲームになることは間違いないでしょう。


予想スコア

ヴァンフォーレ甲府 2-1 川崎フロンターレ

5年前、J1初勝利を贈ってくれたように明日も勝ち点3下さい><


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。