スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1 第27節 ガンバ大阪vsヴァンフォーレ甲府

誰がこんな戦いを予想しただろうか?

西野監督、ガンバ大阪の選手でさえ予想していなかったのではないか?

あらゆる情報サイト、新聞の甲府の予想スタメンは4-3-3だった。

甲府の4-3-3つまり昨年までの甲府の攻撃的スタイル。

おそらくガンバも前半戦の苦い経験から甲府の攻撃を警戒していたはず。
だからこそガンバは自らが持つ強さ(攻撃力)を抑えてまで慎重に試合を入った。

それが蓋を開けてみれば甲府もかなり守備的な布陣で慎重に試合を入った。
この予想だにしなかった戦い方が勝敗の行方を左右したに違いない。

では詳しく振り返っていこう。

まず試合の入り方としてはどちらもシンプルにDFラインの裏を狙う展開。
どちらもリーグ屈指のFWを擁する事を考えれば中盤でリスクを負わずともそれだけで
チャンスはつくれる。だからこそ甲府だけではなくガンバもそういった試合の入り方だった。

もちろん、上記で書いたように乱打戦を回避したかった狙いもあったのかもしれない。
しかしそれが結果的に裏目に出てしまった。

それでも実力が上回るガンバがポゼッションし甲府がそれを跳ね返すという立ち上がりだった。
甲府は特にバイタルエリアでFWの2人に入る楔のパスを両ボランチ、CB、SBが
徹底的に潰すことによってガンバの攻撃をシャットダウンしていく。

とりわけ甲府の選手の距離感、切り替えの早さ、球際の強さが非常に目立った。
ダニエルというスペシャルな存在が戻った事もあるがほとんどの選手がこれを緻密に
実行出来ていたことを考えれば1週間みっちり想定して練習してきたのだろう。

そういったこう着状態が続く中、甲府にもチャンスがあった。
右サイドを吉田、柏で押し込みその後ろでフォローした片桐のクロスからマイクが反応し
そのこぼれ球を柏が詰める。
おしくもシュートはGKにセーブされるが決定的なチャンスだった。

結局どちらもチャンスらしいチャンスは1回くらいで息の詰まる試合内容だった。



後半も展開は変わらず、甲府はしっかりした守備から試合を進めていく。
ボールを持たれる展開は続くが危険なエリアでの集中力は前半と落ちる事はなかった。

これまで無得点試合がなくリーグ1の総得点数であり、ホームで無敗の首位に対して
総失点数がワースト2位のチームがチャンスらしいチャンスをつくらせていないのだから
誰の目から見ても甲府の守備は揺るぎなく堅いものだった。

するとたまらずガンバは佐々木、武井というカードを切りフォーメーションを変えてでも
流れを代えようと後半16分で交代枠を2枚使うという大胆な策に出た。

しかし、これも結果的には裏目に出てしまう。
そう、その1分後待望の先制点が甲府に生まれる。

中盤から攻め上がった井澤が前線のパウリーニョに預けるとパウリーニョはなんの躊躇も
なくゴールに向かってドリブルを仕掛ける。
やや右から中央に侵入していきながらペナルティエリア前で一瞬の隙を突いて
得意の左足を振り抜き、甲府に貴重な先制点をもたらす。


その後は均衡状態が敗れ、試合の流れがぐっと変わるのではないかと予想されたが
それでも試合は得点が入る前と同じでガンバの揺さぶりにもしっかり対応していった。

時間がどんどん進むに連れ、甲府は内山に代え津田、パウリーニョに代え伊東を投入し
試合を着々と終わらせに入る。

攻めあえぐガンバに対して甲府はこれまたカウンターからガンバゴールに遅いかかる。
片桐がポストにあてるシュートを放つなどしっかり攻撃をすることも忘れていない。
結果的にそういった意識が5分というふざけたロスタイムの時間は甲府という
弱小チームから得点王を出す為の貴重な1点をもたらせてくれた。

普通の選手ならキープに入るであろうあの時間帯でもしっかりゴールを狙う意識がある
ということは大したもの。
マイクは決して高さだけではないという事が改めて証明されただろう。

結局試合は甲府が2-0で勝利し、とてつもないミッションを素晴らしいパフォーマンスで
成功させた。
ガンバとしてはホームであり、今回はコンディション的な不利な状況もなかった。
審判の判定も試合を決する程の偏りはなかった。
そういったマイナス要素がなかっただけにガンバとしては完敗と言わざるをえないだろう。

おそらく、前半から持ち味の攻撃的な戦いで甲府の守備陣に襲いかかれば
最低でも1点をとり試合の主導権を握れただろう。

自分たちのいつものリズムを崩し、試合に入ってしまった事。
必要以上に甲府の攻撃力を恐れて消極的に入ってしまった事。
これが結果的に甲府に勝利をもたらせてくれた要因だと思う。

もちろん甲府の選手達の献身的な守備、集中力があった事は言うまでもないが。
試合の途中からぐっとスイッチを入れるのはなかなか難しい。
特にこういったこう着状態が前半から続く試合では。

甲府としては守備においてチーム全員が共通の理解の下、進められたのは
これまでに欠けていた要素だった。
また、試合の中で得点が入りやすい時間帯つまりこれまでいくつもの失点をしてきた
時間帯でしっかり集中していた事、これが非常に大きかった。

この勝利で残留が確定した訳ではないが只の1勝の価値では終わらない。
このいいイメージ、勢い、チームとしてのまとまりこれが残留争いを勝ち抜くために
必要なもの。勝ち点3以上にそれが得られた価値ある試合だった。



スコア

ガンバ大阪 0-2 ヴァンフォーレ甲府

これが真のジャイキリだ!!

G大阪vs甲府

採点(ガッピル)

  21 荒谷弘樹   6.5 あまり枠内シュートはなかったが無失点に貢献 
   6 吉田豊    7.0 対人の強さを生かし、サイドの守りに奮闘
   5 ダニエル   7.5 2試合分を晴らすかのようにゴール前では無敵だった 
   3 富田大介   6.5 強力なFW陣をしっかりおさえた
  13 内山俊彦   6.5 しっかりとクリアすることでミスを減らした
→(17 津田琢磨)   ―
   4 山本英臣   6.5 組み立てでミスあったが守備で奮闘 
  18 柏好文    6.0 できれば前半のビッグチャンスを決めたかった 
→(16 松橋優)   6.0 攻撃なチャンスは演出できなかったが守備で貢献
  20 片桐淳至   7.0 常に危険な存在になりつづけた
  28 井澤惇    7.0 散し役になりながらもしっかりと潰し役にもなる 
  10 パウリーニョ 6.5 貴重な先制点を決めた
→(27 伊東輝悦)  ―
  14 マイク     6.5 ダメ押し弾を決めガンバの息の根を止めた

     佐久間監督  7.0 G大阪を無失点に抑えた事が何よりの証拠


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif






関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。