スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-2012 セリエA 第4節 ACミランvsウディネーゼ

今日は申し訳ないですが簡単に。

早速ですがもうこれ以上怪我人が出るのはやめてくれー。

前半21分という早い段階でパトが交代を申し出ました。かなり心配です。
すぐに病院に向かうような事はしていなかった為、重症ではないように思いますが
この状況では1試合でも出れないのは厳しい。軽傷であることを節に願います。


ただその代わりに入るのが近未来のカカと言われているエル・シャーラウィ君です。
この緊急事態を18歳に託すのは酷なものですがもう起用する選手がいない状況です。
この日ピッポもベンチ入りしましたがまだ10分~15分程度の出場しかできないようで
それでもベンチに入れざるを得ない事を考えればエルシャーラウィの起用は致し方ありません。
296713_10150316940946937_147054831936_8225666_958449_n.jpg 
まだ若干18歳のエルシャーラウィ君ですがプレーはまったく若さを感じさせない落ち着きで
すんなり試合に入りました。
まだまだ連携は構築できていないので合わない場面も多かったですがそれも随所に才能の片鱗
は見えました。それが同点ゴールにも結びつきました。

313423_10150316977386937_147054831936_8225802_1392614018_n.jpg 
ちなみにこのエルシャーラウィ君、父親がエジプトと言う事もありファラオとも呼ばれています。
序盤のミランの唯一の希望と言っていいかもしれません。

その他上記で書いたとおり後半逆転ゴールを奪おうと残り10分と言うところでサンシーロの
ピッチに我らのピッポが帰ってきました。
317219_10150316977246937_147054831936_8225799_1756200898_n.jpg 
残念ながらゴールは奪えなかったものの、この人が入ると一気にチームが盛り上がります。
この試合の数少ないポジティブな部分でした。

全体的に試合の印象としては圧倒的にミランがボールをポゼッションする中、数多くのチャンスを
つくるまでは至らなかった感じです。(支配率はミラン68%でウディネーゼ32%)
特にトップ下に入ったアクイラーニが機能せず、ミラン攻撃陣の迫力のなさにつながっていました。
守備ではややウディネーゼに助けられた部分もありましたがまずまず安定していると思います。

前節の試合後、相手選手ともめたネスタもこの日は冷静なプレーでチームに貢献してました。
アッビアーティの珍しいファンブルはあって失点してしまったものの後半はそれを挽回する
かのように決定的なセーブも見せていました。

守備はある程度計算できる為、課題は攻撃ですね。
特に怪我人が続出している前線は駒が限られていますし、プレーの特性で選択できるような
状況ではありません。とりあえず試合に出れる選手で攻撃を組み立てる必要があります。
ややプレーエリアが重なったり、息が合わなかったりする場面も見られますが
落ち着いてボールを保持してゲームを壊さない事が今のミランには求めらそうです。
そう言った意味ではまずまずのポゼッションでもありましたし、悪くはなかったとも思えます。

また中2日でチェゼーナとの一戦があります。
今期のチェゼーナはかなりいい補強をしておりますし、決して侮れない相手です。
変に自分たちのミスから崩れないよう慎重に戦う必要があるかもしれません。
それほど危険なチームである事は間違いありません。
とにかく、なんとかこの状況が好転するまで我慢しながら、チーム一丸となって
頑張ってもらいたいです。


えー書いている途中にtwitterを覗いてみるとなんとネスタ、アッビアーティまで負傷との事。
軽傷のようですが次節に出場できるかまでは不明のようです。

なんとこれで負傷者は11人

        ズラタン 
ロビーニョ         パト
 
  プリンス     フラミニ
     
     アンブロジーニ

タイウォ          ボネーラ 
    ネスタ  メクセス 

     アッビアーティ

負傷者リストのチームの方が強くね?
誰かお助けを~。


ハイライト



 フォーメーション
ミランvsウディネーゼ11


スコア
ACミラン 1-1 ウディネーゼ
goal ディナターレ(29分) エルシャーラウィ(64分)


採点(ガッピル)

ACミラン
  32 アッビアーティ  5.5 珍しいミスから1失点献上したが素晴らしいセーブも
  19 ザンブロッタ   6.0 上がる回数は少ないがベテランらしく安定したプレー
→( 9 インザーギ)   ― 
  20 アバーテ     5.5 個人の問題ではないがやや攻め上がる回数が少なかった
  13 ネスタ       6.0 ビルドアップのミスはあったが守備では安定していた 
  33 チアゴ・シウバ  6.0 決定的なピンチは数える程度
   4 ファンボメル   6.0 苦しいコンディションの中安定したプレー
  22 ノチェリーノ    6.0 決定的な仕事が出来れば言う事ない
  18 アクイラーニ   5.0 プリンス以外のトップ下起用の再考が必要になった
→(28 エマヌエルソン) 5.0 プレー精度、アイディアともに力不足
  10 セードルフ     6.0 運動量は少ないが効果的なプレーでチャンスをつくる
  99 カッサーノ     6.5 FW陣に怪我人続多い中得点源になってもらいたい
   7 パト         ― 
→(92 エルシャーラウィ)6.5 18歳とは思えない落ち着きで同点ゴールをあげる  
     
     アッレグリ     5.5 なんとか既存戦力で機能させる事を考えなければならない



ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif





関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。