スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想プレビュー J1 第25節 ヴァンフォーレ甲府vsベガルタ仙台

予想フォーメーション
甲府vs仙台

注目はダニエルの抜けたCB。怪我から復帰の金が先発予想されているがコンディション面
で多少不安がある。山本をCBにおいて伊東をボランチで先発起用する可能性もあり。

他は中断前と変わらないが注意したい点が内山の左SB。
市川と内山のコンディションが共に万全だとしたら吉田を左にもっていき市川を右でスタメン
起用するべきだと思う。
対面する仙台の選手は関口、菅井というスピードのある強力なサイドアタッカーだ。
内山、パウリーニョで到底抑えられるとは思えない。
非常にここは不安な点になる。

仙台との対戦は前半戦アウェイで4-0の大敗を喫しており、なかなかやりにくい相手。

得点力はないが勝負強さはあるし、守備力はいまさら言うまでもなく高い。
仙台からしてみればしっかり守って得意のカウンターで得点を奪いにくるはず。

甲府としてはホームでもあるし、残留争いに生き残るために必ず勝ちが必要であり
前掛かりになることは否めない。
より攻撃的にでるのは全く問題ではなくむしろそうすべきだと思がカウンター対策は
どうするかは非常に大事であり、得点しても失点してしまえば元も子もない。

そういう意味でなぜ吉田を左SBで起用したかった。
各方面の情報をいる限りは上記のフォーメーションが予想されている。
市川のクロスと言う武器もなくなってしまうだけに2重にマイナス要素だ。

逆に右サイドの吉田、柏木で仙台の左サイドを制圧して梁という前線の起点を
潰すという事も考えられる。

実際にカウンター対策として相手のパスの出し所を潰すか、リトリートしながら
しっかり相手の前線を掴まえるかが大きな分かれどころ。

甲府の最終ラインを考えれば前者の方が戦いやすいのはこれまでの戦いが物語っている。
より相手を攻撃で圧倒し、獲られても切り替えを早く、前線にいいボールを蹴らせないよう
選手の距離感をコンパクトにしてイニシアチブをちぎっていきたい。

そして必ず先制点を獲る事。これが大事。

FOOT×BRAINという番組で先制点をとったチームの7割は負けないというデータが
サッカーには存在する。

さらにそれは開始早い時間帯でのゴールが多い。
相手が出足を伺ってくる事が予想されるだけに一気に攻勢を仕掛けて流れを掴んでいきたい。

甲府が上位相手に勝つにはより相手を慌てさせてプレッシャーをかけていくべきだ。

それでも最終的には最後の勝負強さ、決定力、ハードワークに掛ってくるところになってくるので
どれだけ強いメンタリティでこの試合に臨むかがやはり大事だ。

先日の記事で書いたとおり日程を観る限りほぼホームでは負けられない。
むしろ引分でも許されない。

いろいろ戦術的なところはあるがあきらめない気持ちで戦わなければ奇跡は起きない。

そうW杯のなでしこのように・・・・

本当の意味での勝負がここから始まる。

予想スコア

ヴァンフォーレ甲府 3-1 ベガルタ仙台
goal マイク×2、パウリーニョ(甲府)
   ディエゴ(仙台)


ここで前半戦の借りを返すぞ!!


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。