スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-2012 セリエA 第2節 ACミランvsラツィオ

遂にセリエA開幕しました ゝ(´A`★ゝ)(ノ☆´A`)

世界中のミラニスタが待ちわびてました((o(´∀`)o))ワクワク

堅実な補強で確実に戦力UPを測ったミランですが2年目のアッレグリ監督の下
今期はどのようなチームに変貌しているのでしょうか?

早速ですが振り返っていきましょう。


フォーメーション
ミランvsラツィオ

まずホームのミランは多少の怪我人、コンディション不良がおり、ミッドウィークにバルサ戦を
控えているということもあってか、少し先発メンバーをいじってきました。
注目は合流してまだ僅かの日数ですが早速左のインサイドに起用されたアクイラーニ。
ピルロが抜けた後釜として、中盤での組み立てからフィニッシュワークまで持ち前の攻撃センスを
存分に見せてもらいたいところだ。
その他、イブラヒモビッチと2トップを組むカッサーノ。
プレシーズンからの好調を持続しており、昨季の控えという立場から今期はパトを脅かす存在に
なりつつある。イブラとの連携は非常にイイだけに期待される。

対するアウェイのラツィオは夏の移籍市場でクローゼ、シセという実力者を獲得。
実績は十二分にある選手達だがセリエAは未体験。
守備が堅いリーグでどれほど自慢の攻撃力を発揮できるかこの開幕戦から注目のポイントだ。


試合は序盤から両チームとも攻勢に出る展開で進んでいく。
特によかったのはラツィオでクローゼ、シセの機動力を生かし頻繁にエルナネス、マウリと絡んで
ミランを攻め立てる。
対するミランも積極的にアクイラーニが前線に顔を出しながらチャンスをつくっていく。
304357_10150302339921937_147054831936_8142854_824754175_n.jpg

そんな序盤の攻防の中先制点を決めたのはアウェイのラツィオだった。
ミランの左サイドでボールを受けたマウリが中央のクローゼにラストパス。
そのパスを受けたクローゼが絶妙なターンでネスタを交わしゴールへ流し込んだ。

クローゼがのターンも素晴らしかったがやや攻撃色の強いアクイラーニ、アントニーニの
左サイドをつかれての失点だった。
その後ガットゥーゾが負傷するアクシデントが起こり、温存していたファン・ボメルを投入する。
320340_10150302273901937_147054831936_8142505_275474910_n.jpg

しかし交代直後ミランは2失点目を奪われてしまう。
またもや左サイドからマウリにクロスを送られダイアゴナルランでトップスピードで入ってっきた
シセにピンポイントで頭にあわされ失点。
マウリのクロス精度、シセのスピード、決定力は素晴らしいものだったが試合開始20分で誰の目
からみてもわかるくらい左サイドの守備が不安定だった。

原因は明白でアクイラーニが攻撃的にでるあまり守備になった時のトランジション
ポジショニングが悪く守備が軽いアントニーニをフォローできなかった。
アントニーニもアントニーニで守備の対応が非常に軽く対面するマウリに自由にやられていた。

ただ、そんな中でもすぐ切り替えて試合を落ち着かせ攻撃を仕掛けていく。
ラツィオが若干2点リードの余裕もあってかやや引き気味になった事もあったかもしれないが
ミランにゴールが生まれる。
中盤でアクイラーニがDFラインの裏にスルーパスを送り、そのパスに反応したカッサーノが
中央へ折り返し、最後はイブラがゴールへ流し込んだ。
これぞアクイラーニといったパスセンスが光ったスルーパスだった。

その4分後のCKでもアクイラーニからカッサーノがヘディングで合わせ同点に持ち込んだ。
297630_10150302274586937_147054831936_8142525_1509897617_n.jpg

前半はラツィオの攻撃力に苦しみ2失点を喫してしまったがすぐさま前半の内で同点に
持ち込んだのは非常に大きかった。


後半も前半の終盤からの流れが続きミランがラツィオを押し込んでいく。
特にカッサーノがサイドに開いて持ち前のテクニックでボールをキープし次に次に中盤の
選手達の押し上げを促す。
イブラも中央やサイドで抜群のポストワーク、パスセンスでチャンスをつくっていくがなかなか
ゴールは生まれない。

より中盤を活性する意味でもあったのか、アクイラーニに代え、新加入のノチェリーノや
320989_10150302337676937_147054831936_8142837_119835336_n.jpg  

何度か痛がるシーンがあったプリンスに代えパトを投入し勝ち越し点をを狙いに行く。

ただ、中盤で非常にアクセントのあったアクイラーニ、プリンスを下げてしまったことでその後の
攻撃はやや精彩を欠いた。

それでパワープレイからイブラが落としパトがシュートチャンスを迎えるなどいつ決勝ゴールが
生まれてもおかしくはなかった。

結局勝ち越しゴールは奪えずに試合はタイムアップ。

ミランとしては2点先制されガットゥーゾにアクシデントが起こった事も考えればドローは
悪くない結果だろう。しかしながら、大きな課題が発見された事は言うまでもない。

アントニーニの軽い守備はこれまでと差ほど変わらないので驚きはしないが
アクイラーニの守備がこんなにもバランスを欠くとは予想しなかった。
攻撃では2点に絡むなど非常にポジディブな印象であったが守備では全く逆の評価になる。
すぐバルサ戦が控える為、アッレグリは頭が痛いだろう。
292820_10150302340346937_147054831936_8142863_507730164_n.jpg

それ以外は特に問題はなさそうだが怪我人が続々出ている事に多少不安がある。
アクイラーニはもちろんノチェリーノにも十二分に出場機会が回ってきそうだ。


ただ、前線はカッサーノ、イブラの連携や調子がいいのはミランにとっては好材料だ。
パト、ロビーニョがコパアメリカからの調整遅れもあってかトップコンディションを取り戻せていない
だけにこの2トップは序盤ミランの浮沈のカギを大きく握りそうだ。
319089_10150302340111937_147054831936_8142858_1702776194_n.jpg


ハイライト



スコア
ACミラン 2-2 ラツィオ
goal  クローゼ(12分) シセ(21分) イブラヒモビッチ(29分) カッサーノ(33分)

採点(ガッピル)

ACミラン
  32 アッビアーティ  5.5 失点シーンはいずれもどうしようもないものだった
  77 アントニーニ   5.0 攻撃性能はいいんだが守備の対応が軽すぎる
  20 アバーテ     6.0 持ち前のスピードを存分に生かし右サイドから好機を演出
  13 ネスタ       5.5 やや動きが重そうに見えた 
  33 チアゴ・シウバ  5.5 もう少し左サイドのカバーリングに注力すべきだったか
  23 アンブロジーニ  5.5 1つ前に上がってからは攻撃にも積極的に関与
   8 ガットゥーゾ    5.5 とりあえず軽傷だということを祈る
→( 4 ファンボメル)  5.5 なんとか左サイドをカバーしようとしたが・・・
  18 アクイラーニ   6.0 2得点に絡むなど攻撃はいいが守備の改善が必要
→(22 ノチェリーノ)   5.5 中盤でセカンドを拾い攻撃につなげた
  27 ボアテング    5.5 やや空回り感があったが攻撃のいいアクセントに
→( 7 パト)       ―
  99 カッサーノ    6.5 1G1Aの活躍で好調ををアピール
  11 イブラヒモビッチ 6.0 抜群のポストワーク、パスでチャンスをつくる
  
     アッレグリ    5.5 よく引分に持ち込んだが勝てるチャンスはあった


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif








関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。