スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 夏 移籍情報まとめ

本日明朝2011年夏のカルチョメルカートが締め切りになりましたー。

拍手♪パチ☆(p´Д`q)☆パチ☆(´pq`)☆パチ♪

やっぱり我らが副会長さんはやってくれましたね。

ミスターXいう表現を用いながら大物を期待させといて蓋を開けてみれば
名より実をとった堅実な補強でしたw

うちの幹部はこういう煙を巻くこと大好きですよねww

それとも本当にセスクやシュバイニーなどの大物を獲る気があったのでしょうか?

まあ、あくまでもメディアが先走ってミスターXと誇張してたので当の本人たちは
差ほど気にしてなかったかもしれませんが・・・・

まあなんといってもこれで今期の前半戦の陣容は決まったのですから
移籍情報と合わせて確認していきましょう。

まず補強から

IN
メクセス      ← ローマ      
タイウォ      ← マルセイユ   
アクイラーニ    ← リヴァプール   
K=P・ボアテング  ← ジェノア     
エルシャーラウィ  ← パドバ(ジェノア)
ノチェリーノ    ← パレルモ   
コーミ       ← トリノ     
ジゴーニ      ← ジェノア

OUT
ピルロ       → ユベントス
ヤンクロフスキ   → 未定
レグロッターリエ  → カターニャ
ストラッサー    → レッチェ
パパスタトプーロス → ジェノア→ブレーメン
パロスキ      → キエーボ
オッド       → レッチェ
メルケル      → ジェノア
ディダク・ビラ   → スパニョール

プリマの選手も多くレンタル移籍していますが多いので省略させて頂きます。

今期加入した選手はほとんどがレンタル、フリーでの獲得で
移籍金を費やしたのはプリンス、エルシャーラィ、ノチェリーノくらいです。
(昨年獲得したズラタンの支払いがありますが・・・・・)

それにくらべてOUT選手もほとんどが契約満了もしくはレンタルでの放出。

ただ、レンタルでローマに移籍していたポリエッロの放出で+1000万€。

差し引きおおよそ-500万€ってところでしょうか?

これでレギュラークラスを5人獲得したというのは非常に堅実で
いい補強だったのではないでしょうか?

ただ単に財政状況厳しかったのか?
それとも冬に大物を獲得する為に今夏は節制していたのか?

は分かりませんが少ない投資で大きく戦力を上げた事は事実でしょう。

ガッリアーニさん、いい仕事しています(^^)v

では今期のミランの戦力をポジション別にまとめると
(フォーメーションは4-3-1-2)

FW

1     イブラヒモビッチ (カッサーノ、エルシャーラウィ)
2     パト       (ロビーニョ、インザーギ、)

まずFWのファーストチョイスに来るのはイブラだろう。
プリマブンタの選手だがセカンドブンタのようにチャンスメイクに秀でている為
どちらかというと相方にはフィニッシュが得意なパト、インザーギを起用したい。
だたインザーギに計算が出来ない以上パトが離脱したり不調になった際に
ロビーニョやカッサーノがどれだけ得点に貢献できるか重要。
しかしながら、ワールドクラス4人に実績十分のインザーギ、さらに
若手の超逸材エルシャーラウィを加えれば質、量ともに十分な陣容だ。


MF

トップ下  プリンス (アクイラーニ、ロビーニョ、エルシャーラウィ)
右CH   ガットゥーゾ(ノチェリーノ、アンブロジーニ)
左CH   セードルフ(アクイラーニ、プリンス、エマヌエルソン)
アンカー  ファン・ボメル(アンブロジーニ、T・シウバ)

まずトップ下のファーストチョイスはプリンスで問題ないだろう。
むしろ戦術のキーパーソンといっていい選手。
前線のFWがつくったスペースにどれだけ走り込みフィニッシュに絡めるかで
ミランの攻撃に幅を持たせる事が出来る。今期も飛躍の年になりそう。
しかしながら、アクイラーニを獲得したことで状況は変わるかもしれない。
アッレグリはトップ下にも守備を担わせることでプリンスを重用してきたかが
アクイラーニもまずまずの守備意識がある為、アクイラーニをトップ下に
プリンスをインサイドで起用する可能性も出てきた。
これは相手チームの状況などで柔軟に対応していきたい。

右のインサイドにはガットゥーゾがファーストチョイスになると思われるが
フラミニの長期離脱によって獲得したノチェリーノにも十分出番はある。
ガットゥーゾも既に30半ばを迎えており近い内ミランから離れることは確実だ。
それでも実績、経験十分なガットゥーゾをメインに起用しながら
徐々にノチェリーノにシフトしていくのではないかと思います。

左のインサイドにはセードルフorアクイラーニ。
セードルフはみなさんもご存知のように好不調の波が激しい。
好の場合はセードルフで問題ないが不になった場合には
アクイラーニが起用されるでしょう。
コンディションを見ながらの起用になると思われます。
プレシーズン出場機会が多かったエマヌエルソンは逆に
出番が少なくなる可能性が高い。

アンカーはファン・ボメルをアンブロジーニがサポートしていく方針だろう。
どちらも年齢的にフル稼働は見込めないしカードによる出場停止も
少なくないポジションだ。2人も出れないという状況も十分起こりうる。
その場合はチアゴ・シウバを昨季のように限定的に起用される可能性もある。
少し不安のあるポジションだ。


DF

右SB    アバーテ(ザンブロッタ、アントニーニ、デ・シリオ)
左SB    タイウォ(ザンブロッタ、アントニーニ デ・シリオ)
CB1    チアゴ・シウバ(メクセス、イーライ)
CB2    ネスタ(ジェペス、ボネーラ)

まず両SBはアバーテ、タイウォがファーストチョイスになるが
少し不安があるのはなかなフィットできずに怪我で離脱したタイウォの左SB。
計算できる控えはザンブロッタだけでアントニーニ、デ・シリオ共に不安。
右でも左でも出来ることは非常にイイのだがアントニーニは守備に難があるし
デ・シリオは経験が圧倒的に少ない。
タイウォがなかなかフィットできずにザンブロッタ、アバーテが怪我した場合は
緊急事態になるだろう。頭数はいても戦力としての層は全ポジで一番薄い。

CBはチアゴ・シウバを軸にネスタ、ジェペス、メクセスの順で回していくので
はないだろうか。
メクセスは長期離脱からの復帰だけに過度の期待は禁物。
ただ、コパでメッシを完璧に抑えたジェペスが控えにいることは心強い。
メクセスが問題なく復帰できれば世界でも屈指の層の暑さだ。


GK      アッビアーティ(アメリア、ローマ)

特に言及することがない。
アッビアーティ、アメリア両者が故障した場合はさすがに困るが・・・・。


その他プレシーズンでなかなかのプレーを見せた
コーミ、ヴァローティ、Ki・ボアテングなどの若手の選手はプリマから
緊急事態やカップ戦での出番を伺うことになるだろう。


こう見ると、確実に昨季優勝した陣容よりはるかに戦力値は高まったはず。
よりアッレグリの戦術が浸透する事も予想されますし
非常に期待が持てる陣容になったのではないでしょうか?

こうなると焦点はCLの舞台でバルサ、レアル、マンUなどのメガクラブ
相手に勝利できるかがポイントになってくる。
まずは、CLのグループリーグであたるバルサとの試合内容を見て
冬のメルカートに繋げていきたいところです。


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif








関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

ミラン! - エリトナン - 2011年09月02日 18:37:43

今季のミランは堅実な補強だったのですね!

2連覇にむけて、いいスタートがきれそうですね!(^o^)/

CLのバルセロナの初戦!期待してます!
あちらさんは、セスクが移籍してきて、
ちょっぴり?戦力は上がっておりますが・・・(^ω^;)

リッキーくんは無事レアル・マドリードに残りました~ヽ(〃∀〃)ノ
初戦に技ありゴールも決めて、本来の姿にもうすぐ戻ると思われます!

エリトナンさん - ガッピル - 2011年09月02日 18:45:52

リッキーの獲得も噂になったんですけどねえ。
レンタルで年俸1000万€の内、40%はミラン、40%はレアル、20%は放棄っていう破格の条件でまとまりそうだったらしいんですがやはりレアル側が放出するなら完全移籍を望んでたらしくダメになっちゃいました。

残念ですがレアルで早速活躍しているようですしそれは何よりです。

バルサに関してはちょっとどころかものすごい戦力UPですよーw
まあミランがチャレンジャーになるのはそうそうないのですごく楽しみです。

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。