スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1 第24節 名古屋グランパスvsヴァンフォーレ甲府

フォーメーション
名古屋vs甲府2

出場停止明の吉田は右SBに入り、前節負傷で途中退場して先発回避と
予想されていた内山が左SBがスタメンに名を連ねた。
右SBの吉田は完全にスピードのある玉田に対しての対策であろう。

序盤の甲府は非常にコンパクトな陣形から鋭いプレスを懸け中盤を制し
素早い切り替えでチャンスを作っていく。

その中で、鉄壁と言われている増川、闘利王の2人CBがいても
名古屋の守備は不安定だった。
特に両CBに言えることだが前へのディフェンスは素晴らしいがかえって
前に出過ぎるばかりに中央が空くケースがこの試合かなり見られた。
最初の甲府のチャンスも猛烈にプレスに来るのを巧みにかわし
中央でフリーになったマイクが抜けだしておしい場面をつくった。

そういった攻防の中、自陣の低い位置から名古屋のDFラインが高いと見るや
山本が素晴らしい逆回転をかけたミドルのロブパスをDFラインの裏へ出し
それに反応したマイクがGKと1対1になり冷静にゴールへ流し込んだ。

昨日予想プレビューで書いたとおりの得点シーンで非常に驚いています。
ただ、浦和戦から徐々に見えていた形でもあっただけにかなり予感はありました。
特に相手チームはマイクのポストばかりに注意を奪われ自分の背後を
おろそかにしがちでした。
そこを上手く使っていたのがパウリーニョであり、前節あたりからマイク。
マイクがそういう動きが出来ることによってプレーの選択肢が広がり
中田、岩政または増田、闘利王というJ屈指のCB相手でもポストが
出来るようになってきておりマイクが変化、成長していると感じられる。

そういった甲府の攻撃が出来た事もあって試合を優位に進めていく。

しかし、名古屋も徐々に中盤で甲府の組み立てを捕えられるようになり
中盤を支配していく。

1失点目も井澤のボールロストから左サイドへ展開されクロスを上げられて
玉田のスパーゴールで失点してしまった。
玉田自信のゴールも素晴らしいが井澤が簡単にはたく、もしくは前線へ
蹴り込んでいれば避けられた失点。

その後も名古屋が巧みなパスワークで中盤を支配していき、甲府のディフェンス
を中央に集めサイドへ展開しそこから突破を試みる。
2失点目も同様に左サイドを突破され、中央でシュートを打たれる。
GKの荻が抑えたようにも見えたがファンブルしてしまいケネディに詰められ
ゴールを奪われる。

あれはきっちり抑えてもらわなければどうしようもない。
後半も同じようにセービングが甘く何度か名古屋に詰められるシーンがあった。
今後も甲府のゴールマウスを任せるには正直不安が大きい。

共に2失点は甲府のミスからであった。
1点リードしている段階で名古屋のプレスに掛りだして悪い流れだと感じて
甲府の選手達はプレーをしなければいけなかった。
状況に応じてプレーを変えていくには少々経験不足だったのかもしれない。

結局前半終了間際にダニエルが報復行為を犯してしまい、退場。
そのFKを直接藤本に決められ3-1で前半を終える。

前半30分までは自分たちのやりたいサッカーが出来いたがそこからの
対応、または試合を進めて方向を間違えた。

後半は伊東を投入し、山本をCBに戻しなんとか体制を立て直そうとするが
やはり1人少ない甲府で名古屋と対等に戦うにはむりがあった。

しかしながら、なんとか点を奪おうと攻める姿勢は見せていたし
決定的チャンスもつくれていた。

前掛かりになりカウンターで失点してしまったが2点リードされている
状況ではしょうがない。

仮に守備を固め3-1で試合を終わらせるようなゲーム運びを出来たかも
しれないが少しでもいい形、チャンスをたくさん作ることでいいイメージで
ゲームを終わらせるように攻撃的に出ていたことはよかったと思う。

得失点差的にはー1余分だったかもしれないがその分別の試合で勝ち点3を
もたらすような攻撃のカタチが少しでも向上できたならばー1は微々たるもの。

そういう事を考えると今日の1戦は失ったもの(ダニエル今後の出場停止処分)
は大きいが、収穫もたくさんあったと思う。
王者名古屋との1戦を考えれば妥当な結果でもあり悲観することはない。

それより、今日の試合を活かしてどう残り10節を戦うか考える必要がある。
ダニエルが数試合出れない事も合わせて。

名古屋グランパス 4-1 ヴァンフォーレ甲府
goal マイク(甲府)
   玉田、ケネディ、藤本2(名古屋)

ああいうところできっちり決めるあたりはさすが名古屋といったところか

採点(ガッピル)

   1 荻晃太   5.0 セーの方向、ファンブルとミスが多い 
   6 吉田豊   5.5 やはりサイドの守備に不可欠な選手
   5 ダニエル  4.0 大いに反省してまた戻ってこい
   3 富田大介  5.0 もう少し組み立てのミスを減らしたい
  13 内山俊彦  5.0 1対1になるともうお手上げ
   4 山本秀臣  5.5 ボランチでもCBでもよくやっていた 
  18 柏好文   5.0 もっと得点につながるように絡まなくちゃ 
→(27 伊東輝悦) 5.5 試合の流れを読むのはさすが
  20 片桐淳至  5.5 そろそろ点が欲しい
→(24 堀米勇輝) 5.5 久しぶりの出場だが可能性は見えた
  28 井澤惇   5.0 やはりボールロストが多い
→( 8 養父雄二)  ― 
  10 パウリーニョ5.5 1とれるおしい場面はあったが
  14 マイク   6.0 ここにきて一皮むけた感じ
 
ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。