スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルルスコーニ杯 vsユベントス

フォーメーション

ACミラン
0822-milan.jpg
前線はズラタン、インザーギ、エルシャラウィが怪我、ロビーニョ、パトがバカンス中
ということもあって、プリンスがカッサーノと2トップ組、エマがトップ下に入った。


ユベントス
0822-ユベントス


試合は序盤から中盤でのボール奪取が効果的だったミランが試合を支配する。
比較的ユベントスは中盤でプレスが甘く、DFラインも深かったため
カッサーノやプリンスがサイドに流れたり、少し下がりながらボールを受け
そこにSBや中盤が絡んでいき分厚い攻撃が仕掛けられていた。

そんな中でのプリンスの素晴らしいゴールが決まった。
ytuv.jpg
最近のPSMではカッサーノとのコンビネーションも良く、素晴らしい
パフォーマンスだったがこの日も精力的に攻守に貢献していた。
プリンスではミランのトップ下には不釣り合いと言う意見も耳にするが
僕には理解できない。ミランのトップ下はプリンスがベストな選択だ!!

その後も、ミランがしっかりと中盤でハードワークしてユベントスの攻撃を
早い段階で抑え、素早く攻撃に転じる。
今期のミランはこういう戦いになるだろうと思わせるような戦いぶり。


23分にはセードルフが直接FKを決め追加点を奪う。
sdfs.jpg
ミスターXの獲得がなかなか決まらない中、セードルフの好調をプラス材料。
移籍市場ギリギリでの獲得になると序盤はフィットに時間が掛る可能性もある。
ちなみに現段階でのミスターXはアクイラーニという可能性が高いと予想しています。


追加点を奪って2点リードしたものの、前半30分でプリンスが負傷してしまう。
アッレグリはプリマのFWを使うのではなくフラミニというカードを使ってきた。
0822-milan2.jpg
フラミニを左のインサイドに入れ、カッサーノと、エマのダブルトップ下と
フォーメションを変更してきた。

それでも中盤から後ろはしっかりと集中しており、ユベントスにあまりチャンス
を作らせなかった。
クラシッチと対峙していたタイウォの所だけ多少やられていた感はあるが・・・・



後半はユベントスも前線から積極的にプレスを掛けミランのビルドアップのミス
を誘い、シュートチャンスをつくりだす。

案の定、カッサーノの落としがエマに合わず、後ろの押し上げがないまま
バイタルに楔のパスを入れられ、そこからDFの裏へスルーパス。
DFラインの裏へ抜けだしたヴチニッチが落ち着いてゴールへ流し込み
2-1とする。
ミランとしてはネスタが負傷で交代し、イーライ・ボネーラという控えCB同士に
なった直後の失点だった。

その後もプリンス離脱の影響かなかなか前線へボールを運べずにいるが
何とかカッサーノがボールを収め攻撃を仕掛けていた。

dfsl.jpg
ここ数試合のパフォーマンスは素晴らしく、ズラタン不在の影響を全く感じさせない。
一時期は放出の可能性もあったがここのところは全く耳にしない。
前線に負傷が多い以上、序盤はまちがいなくこの男がキーマンになる。

後半21分にはキングスリー・ボアテングを投入。

ユベントスも選手を入れ替えてゴールを目指すが、アッビアーティの堅守にも
阻まれ、タイムアップ。

絶対としてはミランがボールを持つ時間も多く、チャンスの数自体も
ユベントスより多かった印象。

全体としてまずまずよかったと思うが残念だったのはエマヌエルソン。
dgs.jpg
ミスターXなどの補強が失敗した時の為に最近のPSMではよく起用されているが
いまいち結果を残せていない。
攻撃も守備もなんか中途半端だし、サイドか中央で使うのかも適性がわからん。
アッレグリが期待して使ってくれるのだからもっと頑張りなさい。

ちなみに今期大維新をしているユーべに関して僕個人の感想なんだけど
やはり中盤の守備が弱いと思う。
前線に4枚ワイドに配置しているにもかかわらずあまり守備しない為
センターの2人の負担がでかすぎる。
ピルロ、マルキージオをいう攻撃的なMFなだけに余計にそうだった。
攻撃の組み立ても同じ、ピルロ、マルキージオだけでは前線へ運べず
デルピエロなどが下がってボールをもらってやっと組み立てが機能していた。

やっぱり4-2-4というシステムには否定的な考えになってしまう。
最低でも選手選考を見直す必要があるとは思う。



saa.jpg
アウディカップとTIMカップは逃したけどこれでプレシーズン3つ目のトロフィー。

シーズンでは何個のトロフィーを掲げてくれるのかな?


スコア

ACミラン 2-1 ユベントス
goal プリンス(9分) セードルフ(23分) ヴチニッチ(57分)


出場選手

アッビアーティ
アバーテ(89分オッド)
ネスタ(57分ロドリゴ)
ボネーラ
タイウォ(47分ザンブロッタ)
ガットゥーゾ(66分K・ボアテン グ)
アンブロジーニ、セードルフ(83分アントニーニ)
エマヌエルソン
K・P・ボアテング(30分フラミニ)
カッサーノ


試合を見ていない方は↓






ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif






関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- junchang - 2011年08月23日 13:23:38

ルイジベルルスコーニトロフィーってまだあったんですね!
昔っからユベントスと試合をすることが多かったですね!
でもこのトロフィーを獲得してしまうとスクデットを獲得できないってジンクスあるの知ってました?

junchangさん - ガッピル - 2011年08月23日 22:39:56

たしかリッピがだれかが1回打ち破ったかどうかでしたよね。
でもTIMカップもジンクスありましたよね。

という事は今期のスクテッドはナポリですか?
うーん、1.5軍のバルサに5-0ですからねえ。
ユーベもバランス悪すぎて優勝するとも思えないし
サプライズ枠でローマ?ウディネーゼ?

ジンクスもいつかは崩れるものです。
toto予想でいつも痛い目見てますからwww

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。