スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1 第22節 ヴァンフォーレ甲府vs浦和レッズ

やったー(^O^)/

対浦和戦、初勝利!!

これで名古屋、鹿島、G大阪、浦和に勝利。

浦和とは人件費が5倍くらい差があったんだよねえー。

サッカーはお金ではないのだ!!




佐久間さん僕はずっと前からトップ下に誰か入れろって言ってましたよ。

佐久間さん僕はずっと前から若手使えって言ってましたよ。

まあ2失点したけどこれが甲府だよね。

どっかのチームが6-3のバカ試合をやったらしいけど・・・・・

では詳細↓↓↓
フォーメーション
甲府vs浦和2

甲府
予想プレビュー通り井澤が今季初先発。
トップ下には片桐、CBには久しぶりの富田が入った。

浦和
とくに大きな変更はない。
マルシオのコンディション不良によりトップ下には山田直が起用された。


予想プレビューで書いたように
攻撃ではしっかりとボールを繋いで攻撃する時間を増やしたこと。
守備ではコンパクトな陣形を保って積極的にボールを奪いに行ったこと。

この2つが三浦サッカーとは大きく異なり、佐久間監督のやりたかったことだろう。

それが機能しての勝利だけに大いに価値はある。


特によかったのが井澤と片桐。
もちろん2得点1アシストのパウリーニョは素晴らしかったが
上記の戦術に大きく貢献したのがこの2人でしょう。

その中でも井澤があんなにできるとは思いもしなかった。
中盤でのボールキープ、前線へのサポート、運動量と十分に石原の穴を埋めた。

片桐はトップ下に入りながらもマイクやパウや片桐との距離感を意識しながら
自由に動き、時には中盤に下がってボールの受けどころになる。

両者とも相手からのプレスを交わすテクニックがあって浦和の前線からのプレス
も苦にしないような中盤でのキープ力だった。

また、マイクのポストがこれまで以上にできていたことも相乗効果。


守備でもチーム全体として球際の強さ、運動量があり、非常に集中していた。

2失点したものの、1点目はFKからのアンラッキーな失点。
2点目は、ダニエルが無理に前でとろうとし過ぎてしまいとりきれずに中央を
空けてしまったミスでの失点。

全体的には裏が個人に頼ってくれた感はあるが、よく身体を張って守っていた。


今後の甲府としてはこれを続けていくことが大事。

今期はいまだ連勝がない。

残留に黄色信号が点いている状況だけに、勝ち続けていかなけれ。



スコア
ヴァンフォーレ甲府 3-2 浦和レッズ
goal  マイク、パウリーニョ2(甲府)
    柏木、エスクデロ(浦和)

うーん、現地行ってみたかった。現地組のみなさん、お疲れ様です。


採点(ガッピル)

  21 荒谷弘樹  5.5 失点に責任はない、交代は怪我? 
→( 1 荻晃太)   ―
   6 吉田豊   6.5 原口対策に起用した監督の期待に応えた
   5 ダニエル  6.0 ミスはあったもの対人の強さはピカイチ
   3 富田大介  6.0 久しぶりの先発を感じさせない出来
  13 内山俊彦  6.0 終盤まで運動量豊富に攻守に貢献
   4 山本秀臣  6.0 交代するまでよく中盤を引き締めた 
  18 柏好文   5.5 持ち味のドリブルは少なかった 
→(27 伊東輝悦)  ―
  20 片桐淳至  6.5 プレーエリア広く攻撃を司る 
→(11 ダヴィ)   ―
  28 井澤惇   6.5 初先発とは思えない落ち着き
  10 パウリーニョ7.0 2G1Aと全ゴールに絡む活躍
  14 マイク   6.5 今日はポストプレーが光った
 
ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。