スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1 第19節 ヴィッセル神戸vsヴァンフォーレ甲府

人間ってねある一定の線引きを越えると我慢できなくなることってあるよね。

僕の監督交代は最低1シーズンは続けさせてあげたいって線引きをしてます。

どう悪い所を修正して戦術を再構築するのかを見ていくのがまた面白いんです。

たとえ成績が悪くても最後まであきらめないで試行錯誤してもらいたい。

サッカーって1シーズンいい時も悪い時もあるからね。

ただね、監督がね。公の前で「どうしてできないのか分からない?」

ってさじを投げちゃうような監督はもう仕事放棄してるわけですよ。

しかも1度ならしもこれで2度目。

選手のモチベーションが保てるような監督でもなさそうだし
そういう人にはさっさと辞めてもらいましょう。

僕のようなファンに支持されなくなると徹底的に叩きにまわりますので
気を付けてください。(ヤジとかではなくて戦術的な話での叩き)

今日は怒り心頭なので文章がひっちゃかめっちゃかだと思います。
それでも読みたい方はどうぞ↓↓↓ フォーメーション
神戸vs甲府2


神戸:怪我明けの大久保はベンチからで代わりにボッティが先発

甲府:右SHには柏が入りそれ以外は前節と同じ陣容

まず三浦監督のインタビューにあった
「なぜ選手が走れないのか分からない」
という発言から考えていきたいと思う。

正直簡単。

フィジカル面が悪いのではなくただ単に目的意識がないから走れない。

走行距離を測ったとしても決して神戸の選手と対して変わらないはず。

チーム全体で意思統一されていないから走っても効果的にならない。

これは守備でも、攻撃でも同じ。

たとえば守備に関してはどこでボールを獲るのか徹底されていない。

サイドに追いこんで数的優位をつくってとるのか?

バイタルエリアに入ってボールを獲りにいくのか?

パスの出しどころをとりにいくのか?

これは対戦相手にもよって変わってくるので一概には言えないが
負け試合はだいていボールの奪いどころがない。

バルサのようなチームが相手じゃない訳だから決してできない事はない。

攻撃でも同じ。

どうアタッキングサードまでボールを運ぶのか方法がないので
完全に行きあたりばったり。

個人技で打開出来たりボールを保持できる選手が中盤にいればいいが
ボールの収まりどころがないので苦し紛れのパスばかり。

結局前に運べないのでサイドの選手が攻撃に出ていけない。

4-4のラインが下がっちゃうので前線2人もどうしようもない。


ただし、今日の後半のように攻める状況しかなくなると案外あっさり
得点とれる事もある。

攻めるしかないので必然と前に意識ができ守備の仕方も
前でボールを奪おうと変わってくる。

前半の守備の仕方はほとんどリアクションになっている。
陣形を崩さず抜かれなければいい。

ただ単に相手の攻撃が終わるのを待ってればいいなんて時代は終わった。


やはり甲府には守備でも攻撃でも積極的に前に出る方がいい。
たとえそれで4失点くらってもまだ納得がいく。


ということでここからはガッピル監督による新しい甲府です。

神戸vs甲府3  
4-3-3
GK:荒谷・・・・荻さんは安定感がなさすぎ
右SB:石原・・・・吉田が復帰するまで
左SB:市川・・・・クロス要因、守備は目をつぶる
アンカー;山本・・・・インターセプト、粘り強い守備は評価してます
CH:伊東・・・・石原がSBやってる間までなんとか踏ん張って
CH:堀米・・・・・ボールの収めどころ、一番肝心かも
右WG:ダヴィ・・・・・とにかくガンガン突破
左WG:パウリーニョ・・・・・マイクのサポと前線への飛び出し
FW:マイク・・・・とにかくゴール

テーマ
前線からのハイプレスによるキック&ラッシュ

もうできないことをやろうとせずにできることをやりましょう。

時代に逆らってるとか関係ありません。

意外と日本のチームてフィジカルごりごりサッカー嫌いでしょ?


じゃあ具体的に言うと

まず守備に関しては相手のSBとボランチに徹底的にプレスを掛けて
ビルドアップを潰す。

バイタルにいれられたら多少陣形崩れてもダニエル、金で潰しに行く。
山本はその際カバーとこぼれを拾う。

奪ったら堀米にわたして堀米はとにかく相手DFラインの裏に
蹴るかマイク目掛けてロングボール。
(堀米経由なしでもおk)

あとは3人で自由にやってください。

一応、堀米+どちらかSBが上がってフォロー。

肝心なのはどれだけ後ろから前への意識を保てるか。

裏取られてもしょうがないと思ってもらってけっこうです。
スタミナ持たなくてもけっこうです。

相手のミスを待つサッカーよりましだと思います。

あと堀米、ミランなどサテライトで結果出してる若手使ってあげてください。

降格しても若手の成長という救いがあれば立ち直れます。



すいません。
今日はいろいろ思う事があって何書いたか正直わかりませんが
お時間もお時間なのでここで終わりたいと思います。
採点もなしで。


スコア
ヴィッセル神戸 -2 ヴァンフォーレ甲府

現地観戦の皆様ホントにお疲れ様です。


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 白面 - 2011年07月31日 16:47:23

シビアなことを言ってしまうと、三浦は自分の中で極めて数の少ない、

「ほとんどまったく評価に値するところのない」

指揮官です。
元日本代表の岡田と双璧を成します。はっきり言ってしまえば積極的に嫌いです(苦笑)

それだけに、甲府には元々交友関係のあるサポーターさんが複数いるだけに、今の状態が辛い。


今のJで一刻も早く辞めていただきたい、と願う指揮官は彼ぐらいなもの。
このまま現指揮官と心中なんて道だけは避けられますように、と祈るような気持ちで甲府の戦いぶりを見ています。。。

白面 さん - ガッピル - 2011年07月31日 18:39:33

自分もホントは好きな監督ではなかったです。
ただ甲府で守備的戦術をやるのは初めてだったしこれまでの経緯もあったので
奮起してくれると期待したんですがやはりダメでした。

歴史は浅いですがやはり甲府には甲府らしいサッカーが必要なんです。
そう川崎やガンバのように・・・・。
それで負けるならサポも納得します。

まあ戦術の前に選手とのコミュニケーションをとれないような監督は論外。
ダヴィ、金の新外国人選手も使える目途はたったし、ここで思い切って方向転換してほしいです。

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。