スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1 第6節 浦和レッズvsヴァンフォーレ甲府

あちゃーこれじゃあフラストレーション溜まっちゃうよ。

まあ、これがサッカーというもんなんだよね。

女子W杯のドイツ見たいに自分たちの流れで決めれないと
ころっとやられちゃうんだよねー。

欠けたピースを埋めた浦和サポータの声援はあっぱれ。

さすが日本一観客動員数を誇るだけはある。

ダヴィさんに関してはまずまずだったと思う。
いいドリブル突破してたし何よりサッカーする喜びを感じてたっぽいから
今後はかなり期待していいんじゃないかな。

では詳細↓↓↓


フォーメーション
浦和vs甲府2  

浦和:怪我で出場が危ぶまれてた原口は先発
   新外国人のデスポドビッチは今期初スタメン

甲府:前節とスタメンの変更はなし
   

まずは注目ポインの前に
なぜ1人少ない相手に負けてしまったのかを考えていきたい。

一番の原因はやはり前半12分で退場者が出た後
混乱している浦和に対して息の根を止めきれなかった事だろう。

少なくとも2回の決定的チャンスはあった。
そのいずれのチャンスもパウリーニョのシュートはバーを叩いてしまった。

そういった自分たちの流れで得点ができない
サッカーというものは怖いもので一気に流れが変わってしまう。

あくまでもボールを保持するのは1人多い甲府だったが
試合を支配していたのは浦和だった。

特に1人少なくなったことでやる事が明確になり良い方向に
チーム全体が向いたのではないかと思う。

ここ最近の安定感のある守備陣がしっかり中央をブロックし
数少ないタッチ数で前線へ運ぶ。
前線では広大なスペースを個人技のある選手が数的不利な状況を
突破し、フィニッシュまで持っていく。

これまではあまり上手くいっていなかった攻撃が1人少ない状況で
ふっきれたのかいい意味で強引に個人技で勝負で来ていた。

それに対して甲府はしっかり準備ができていなかった。
ああいう試合展開ならばいつも以上に気を付けなければいけなかった。

ミスからの失点はなかったものの試合の流れ的に浦和が
ゴールを決めるのは必然の結果だったかもしれない。

その流れを断ち切るような守備ができなかったともいえる。

最後の崩しの勝負強さがないのも敗因の1つかもしれないが
今日は試合の流れが読めていなかった。


そう、女子W杯でドイツががなでしこに負けたように。

サッカーというもんはそういうもんだと常に頭に入れておかねばならない。

ある意味経験不足だった。


では注目ポイントの振り返り

・バイタルエリアのカバーリング

・サイド攻撃
・新加入組の途中出場


・バイタルエリアのカバーリング
前半の出来はかなりよかった。
1人多い状況で石原、伊東が積極的に前線へ飛び出していたが
内山が絞ったり、山本が1つ前にポジショニングしたりと
いいポジショニング、カバーリングをしていたと思う。

ただ、後半は攻撃ばかりに気をとられたせいか1対1の状況を
もしくは数的有利な状況でもサイドを突破され最終的には
シュートまで持っていかれていた。

個人的には1点目の失点シーンは
ダニエルが前にボールを獲りにいったことでスペースを空けてしまい
早いリスタートで繋がれ山本と1対1の状況をつくられてしまい
ある意味不運なシュートで失点してしまった。

もしダニエルと山本が逆だったらどうだったか?
たられば論は良くないが
こういうプレーからもダニエルはゴール前にいて欲しいと感じる。

サイド攻撃
前半はサイドの松橋、阿部がクロスに入ったり積極的に自由に動いており
いい流れで攻撃が出来ていた。

後半も柏やパウリーニョがサイドを突破していたが
ゴール前を固める相手に対してピンポイントのクロスを上げれなかった。

引かれた状況でスペースがない場合にどう攻めていく必要があったのか。
これはどのチームに対しても言える事だが圧倒的に個人で突破するなり
スルーパスでDF2人の間を通すなり個の力が必要。

その為に前線がしっかり攻撃に専念できるように上記でも書いたが
後ろの安定感が必要だった。

そのどちらも今日の甲府は欠いていた。


・新加入組の途中出場

浦和のテスポドビッチは当たりっぽいね。
けっこう起点にもなってたし日本のスピードにもついていけてるし
いい選手だと思う。

甲府のダヴィに関してはまだコンディションが100%ではない中
面白い突破も見せていたし、キレはあった。

あとは100%のスピードが出せるようにウェイト管理が出来れば
そう遠くいないうちに貴重な戦力になりそう。


予想スコア
浦和レッズ 2-0 ヴァンフォーレ甲府
goal  平川(53分)柏木(73分)

さいスタで何万人という浦和サポを絶叫させてあげよう。
さすが、三万人のサポータの応援は違いますなー。

甲府もはやくこんな風に選手を後押しできれば・・・。


採点(ガッピル)

   1 荻晃太   5.5 2失点目はポジショニングに問題があったかも
  13 内山俊彦  5.5 中盤でよくボールを拾っていた
→(18 柏好文)  5.5 クロスの精度と中へ切れ込むプレーを
   5 ダニエル  5.5 もう少し右サイドをカバーしてあげたかった
   4 山本秀臣  5.0 1失点目はどうにかならんかったのか 
  25 市川大佑  5.0 原口に完璧にやられた
  16 松橋優   5.5 ダイアゴナルランの良い動き出しをしていた
→(20 片桐淳至) 5.0 残念ながら今日はプレーの精度がなかった
  27 伊東輝悦  5.5 あと1歩柏木をつめれていれば・・・
   7 石原克哉  5.5 左サイドでもよかったがやっぱボランチ  
  26 阿部吉朗  5.0 なんか最近身体が重い様な・・・
→(11 ダヴィ)  5.5 甲府デビュー戦としてはまずまず
  10 パウリーニョ  5.0 1点くらいは決めてくれ、冷静さがなかった
  14 マイク   5.5 いいカタチでボールが入らなかった 
    
     三浦俊也  5.0 1人少ない相手に敗戦


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

にゅ〜 - 岩氏 - 2011年07月26日 16:23:26

やっと時間が空いてきましたわ(・∀・)


これ柏木にやられちゃった試合ですよねぇ…なるほど、そういう問題があったとですか。


甲府には頑張って欲しいですね!今順位がどうなってるかまでは見れてないですが、なんとか上位に食い込んできてもらいたいです!


そしてマイクは得点王を!!

岩氏さん - ガッピル - 2011年07月26日 19:17:55

前半に決めてればなんてことはない試合だったんですがね~。

やっぱ柏木をはじめ浦和の選手の個々の能力はピカイチでした。

もしマイクがうちで得点王獲ったらすごいことですね。
他のチームだったら倍は獲れるようなレベルですから、まじめな話。

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。