スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想プレビュー J1 第6節 浦和レッズvsヴァンフォーレ甲府

予想フォーメーション
 浦和vs甲府



浦和:原口の左サイドにはエスクデロが先発か
   状態次第では原口の先発も可能性はある

甲府:前節とスタメンの変更なさそう
   あるとしたら左SHの松橋に代えて柏か


さて、さてこの試合は14位の浦和と16位の甲府の1戦。

今後の残留争いを担う意味でも重要な試合、死闘になる事間違いなし。


にしても浦和がこの時期にこの順位にいることは誰が予想したでしょう。

先週も書いたとおり

開幕当初の選手全員の年俸総額

  ・1位:浦和   9億7680万円
    ・2位:名古屋  9億2790万円
    ・3位:G大阪  8億2840万円
    ・4位:鹿島   7億5930万円
    ・5位:柏    7億5450万円
    ・6位:横浜   7億3740万円
    ・7位:神戸   6億5960万円
    ・8位:川崎   5億7580万円
    ・9位:大宮   5億6070万円
    ・10位:広島  5億4150万円
    ・11位:磐田  5億2140万円
    ・12位:清水  4億8960万円
    ・13位:仙台  4億5990万円
    ・14位:C大阪 3億6380万円
    ・15位:新潟  3億0880万円
    ・16位:山形  2億9770万円
    ・17位:甲府  2億2670万円
    ・18位:福岡  2億1240万円

甲府の2億2,670万に対し
浦和は9億7680万円・・・・・・・・・その差約5倍

新加入選手がいるので多少変わるかもしれないが
選手層だけでいえば大きな差がある。

それでもサッカーというのは分からないもので
甲府が勝ったチームといえば

名古屋、鹿島、新潟、G大阪

さっきのランキングをもう1回みると

  ・1位:浦和   9億7680万円
    ・2位:名古屋  9億2790万円
    ・3位:G大阪  8億2840万円
    ・4位:鹿島   7億5930万円

    ・5位:柏    7億5450万円
    ・6位:横浜   7億3740万円
    ・7位:神戸   6億5960万円
    ・8位:川崎   5億7580万円
    ・9位:大宮   5億6070万円
    ・10位:広島  5億4150万円
    ・11位:磐田  5億2140万円
    ・12位:清水  4億8960万円
    ・13位:仙台  4億5990万円
    ・14位:C大阪 3億6380万円
    ・15位:新潟  3億0880万円
    ・16位:山形  2億9770万円
    ・17位:甲府  2億2670万円
    ・18位:福岡  2億1240万円


どう考えても明日は・・・・・・・以下略


ここまで1分7敗のお得意様?
そんな昔の話でしょ、関係ねー。


ってことで明日の注目ポイント

・バイタルエリアのカバーリング

・サイド攻撃
・新加入組の途中出場


・バイタルエリアのカバーリング
新潟戦以降中盤から前線にかけてアグレッシブにプレスをかけボールの
奪いどころが統一されてきた。
特に石原、伊東が広範囲にわたってプレスを掛けているのが目立つが
まだまだ連携面はいいとは言い難い。

変に前に出過ぎて交わされるとバイタルエリアがすっぽり空いてしまうし
2ラインの間やサイドと中央の間で起点をつくられると高確率でピンチになる。

石原、伊東の両ボランチのカバーリング意識は高いものがある
と思うがそれ以外の選手も明日の試合ではかなり重要になる。

バイタルに侵入された時にSH、SBが絞ったりもしくはCBが1枚
までに出たりとと素早く適切なポジショニングを獲れるかが大事。

対戦する浦和は個の打開力は素晴らしいがチームとして
機能してるとは言い難い。
(人の事言えないですけど・・・・)

局面、局面で数的優位を獲れる状況や余裕を持ってプレーさせない状況を
撮れればG大阪戦のような3失点は避けられるであろう。

・サイド攻撃
前節のG大阪戦では簡単なロングボールだけで
かなりマイクにボールが収まりG大阪守備陣を混乱させる事ができた。

しかし、明日の浦和戦はそうはいかないだろう。

スピラノビッチという屈強なCBにマイクが抑え込まれることは必須。
ただ単に縦ポンでは簡単にはね返されリズムを悪くするかもしれない。

ただ、甲府の方もパウリーニョが最近絶好調で裏への飛び出しや
バイタルで起点になったりとかなりマイクのサポートに貢献できている。

そこでもう一歩マイクにいいカタチでゴール前の勝負をさせるには
サイドからの攻撃が重要になってくる。

サイドからのクロスであればいかに空中戦が強くても
ポジショニングやクロスの精度で関係なくなる。

サイドからの攻撃が出来ていないという訳ではないが
明日の試合ではより精度の高い攻撃が必要になってくる。

そういう意味ではしっかり繋ぐとこは繋いでサイドから攻撃の糸口を
見つけていきたい。


・新加入組の途中出場
注目したいのはもちろん浦和のデスポドビッチと甲府のダヴィだ。

テスポドビッチは前節すでに途中出場しており惜しいシュートを放つなど
まずまずの動きを見せていた。
甲府にとっては確実に危険な選手だ。

対する甲府のダヴィはまだ試合に出れる状況かは分からない。
ベンチに入る事は予想されているが出場時間はそれほど多くはないだろう。

今後の後半戦を占う上で新加入組のゴールという結果は
ただの1つのゴールにはならないはず。

どちらの新戦力がチームに勝利をもたらすか非常に見物だ。



予想スコア
浦和レッズ 1-2 ヴァンフォーレ甲府
goal  片桐、ダヴィ(甲府)
     エスクデロ(浦和)


さいスタで何万人という浦和サポを絶叫させてあげよう。


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- junchang - 2011年07月24日 23:54:45

すいません!ご無沙汰しちゃってました!自宅のPCがクラッシュしちゃいまして・・・・会社では忙しく・・・・

面白い分析だと思います。
欧州や南米ほどではありませんが、確実な格差が存在しているんですね!
しかもJリーグは少なくとも順位へ反映されてしまっている現状・・・・ヤバイですね!何とかしないと最も僕がそうなって欲しくない状態へまっしぐらかもしれません。

junchangさん - ガッピル - 2011年07月25日 00:40:38

最終的にはやっぱりかという順位に落ちついちゃうんですよねー。
ジャイアントキリングいっぱい見たいです。

その為にはいい育成環境作らねば。
でもそれもお金がいる。・゚・(ノД`)・゚・。

やっぱ世の中お金ですか?

うん、totoに夢を託すしかないな(^O^)/

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。