スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1第16節 ヴァンフォーレ甲府vsセレッソ大阪

あーダメだったかあ。

おっさんDFラインに中3日はきついぜよ。
伊東休ませたい。

全体的に運動量がなくセレッソに押されっぱなし。

桐じゃなくて柏、松じゃなくて金でしょ、采配逆だよ三浦さん。

家本今日はナイスジャッジだったよ。Jでは珍しく球際流してたね。
それが甲府にイイ笛だったかというと違ったけど。

詳細↓↓↓ フォーメション
甲府vsC大阪2

甲府:マイクに代わってスピートタイプの松橋が先発
    右SHにはこれまでスパーサブ的な役割だった片桐が今季初先発
C大阪:乾の移籍、清武の離脱ににより2トップを採用
     前節退場したCBの上本の代わりに藤本が先発

とりあえず予想プレビューで書いたポイントから振り返ってみましょう。

注目ポイント
・シュートの意識
・右サイドの攻防
・後半の試合の進め方




・シュート意識
シュートまで持っていけなかったので何と書けばいいか・・・・。
途中ミドルを放った阿部、永里、パウリーニョくらいしかシュート意識が
あるなっていうシーンは思い浮かばなかった。



・右サイドの攻防
SBの丸橋の上がりについていけずサイドから崩された事が
直接的な敗因になったわけだが問題はSBの上がりに
ついていけなかった市川だけではなく全体的に
中盤でのハードワークのなさと
前線や中盤でのキープ力のなさ

が原因だと思います。
特に守備に関してディレイをしながらDFラインを下げるのは悪くないが
裏を狙ってくる攻撃に対してパスの供給源を完全に自由にしてしまった事が
こんなにも守備に追われ攻撃につなげられなかった展開を招いてしまった。

全体的にパスを回されボールの獲り所を見失い簡単に相手のSBの上がり
を許してしまった。

最終ラインでボールをとったとしてもセレッソのネガティブトランディションが早く
なかなかボールを前線に運べない。
さらに甲府の選手達の動き出しが少ないのと個々の技術も低い為
余計甲府にとっては厳しい展開になっていた。

問題は過密日程による選手のコンディションも影響しているだろうが
それは相手も同じ。
マイクがいなかったなんて事も全く言いたくもない。

ただなぜマイクに代わって入ったのが松橋だったかは疑問。

相手の攻撃に対して特にマルチネス、丸橋サイドで献身的な守備が出来
フィジカルの高さからキープが出来る金をなぜ出さなかったのか。
体調不良だったらしょうがないが絶好のイイチャンスだった事には違いない。

さらに片桐のSHの先発起用も失敗だったと言わざるを得ない。
なるべくゴール近くでプレーをさせたかったが守備に追われる機会が多く
攻撃になったとしてもなかなか相手のプレッシャーやこちらの動き出しが少なく
持ちすぎる場面が多かった。
普段なら詰まった際にマイクというターゲットにあわせる選択肢があったが
今日はその選択肢がなく、プレーに迷いが見られた。



・後半の試合の進め方
展開的にはピンチは多く中盤でもサイドでも完全に守備に追われる時間が
多かったが相手のシュートミスにも助けられなんとか0-0に持ちこめていた。
ある程度ロースコアの展開が続く事は予想されたが
最も懸念してしまった事が起きてしまった。

80分を過ぎセレッソにも疲れが見え始め中盤が間延びしてきて
甲府も前線に運べるシーンが多くなってきた。
誰しもが鹿島戦のように最後劇的なゴールを願っていたに違いないし
選手達も最後攻撃的に出たのかもしれない。
ただそういうイケるとチームの気持ちが傾いた時こそ
DFラインの選手達は集中力を切らしてはいけない


1点目のシーンは完全に前掛かりになっていて人が少ないという状況では
決してなかった。人自体は足りていたが一瞬の隙を突かれた。
2点目は小林をパワープレイであげていたとはいえ後ろにいた選手の
集中力がなくマークをフリーにさせてしまった。

三浦監督の采配が決して悪いものではないと思うがチームとして
勝ちに行くのか引分でもよしとするのか明確な意図が
選手達に伝わっていたのか少し疑問が残る。

結果論だがやはり予想プレビューで書いたように引分で良しとする方が
選手達も割り切って戦えたのではないかと思う。
正直今日の展開では得点を獲る事は厳しいと言わざるを得なかったから。




ヴァンフォーレ甲府 0-2  セレッソ大阪
goal  小松(85分)播戸(90分)


採点(ガッピル)

   1 荻晃太 5.5 2失点はしょうがない何度かイイセーブはあった 
  13 内山俊彦 5.0 対面するキムに突破を許す
   2 小林久晃 5.0 1対1の強さは見せていた最後に集中が切れた
   4 山本秀臣 5.0 最後DFラインをまとめる事が出来なかった
  25 市川大佑 5.0 サイドでスピード勝負になると厳しい
  20 片桐淳至 5.0 ボールを持ちすぎる場面が多かった
  27 伊東輝悦 5.5 もう少し運動量が欲しい
   5 ダニエル  ー 怪我で前半途中交代  
→( 7 石原克哉)5.0 復帰戦という事もあり無難なプレー   
   9 永里源気 5.0 1本欲しいシュートはあったが・・・
→(18 柏好文)  5.5 いいクロスでチャンスをつくったが・・・
  26 阿部吉朗 6.0 マイクに代わってなんとかタメをつくっていた 
  16 松橋優  5.0 1つ1つのプレーを大事にいきたい 
→(10 パウリーニョ) ー  
    
     三浦俊也 5.0 守備の課題修正できずチーム運びも×





ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif







関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。