スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想プレビュー J1 第16節 ヴァンフォーレ甲府vsセレッソ大阪

予想フォーメーション
甲府vsC大阪

甲府:マイクに代わって金信泳がスタメン濃厚
C大阪:上本に代わって藤本がスタメン濃厚
     海外移籍の噂がある乾は欠場濃厚

注目ポイント
・シュートの意識
・右サイドの攻防
・後半の試合の進め方


・シュートの意識
まずマイクに代わって入る金信泳
マイク程の高さや決定力はないが韓国人らしくフィジカルがあり
守備も非常に献身的。
金自信は非常に積極性があってシュート意識も高いが
明日は今まで以上にシュート意識を高めてもらいたい。

なぜなら中2日の強行日程の中お互い疲労が蓄積されている。
そんな中、強豪のセレッソ大阪が相手という事で鹿島戦の様な
展開が予想される。
守備に追われている時間はまだいいが攻撃になった瞬間が一番危険。
特にショートカウンターが得意なセレッソだけに
高い位置で奪われる展開や全体が前掛りになった時こそ注意が必要だ。
その為にも個々の集中力や守備意識が大事なのはもちろんだが
攻撃の時にシュートで終わる形までもっていきたい。

仮にカタチがつくれなくても強引にシュートを打つべきだ。

シュートで終わる事が出来ればまず相手の攻撃を遅らせられるし
ホームという事もあり自分たちのリズムや雰囲気に持っていきやすい。

・右サイドの攻防
セレッソ大阪の攻撃はマルチネス、丸橋、倉田の左サイドからが多い。
同じ様に甲府も右サイドからの攻撃で得点になっているケースが多い。

サイドの主導権をどちらがとれるかが非常に重要になってくる。
とくに精度の高いパスを供給できるマルチネスには必ずプレスを掛け
自由にさせないようにしたい。その為にここでも金の働きが重要になる。

さらに倉田のテクニック、丸橋のオバーラップも非常に注意が必要だ。
正直市川の1対1では心もとない為、ボランチのダニエル、CBの小林は
いつも以上にポジショニングとカバーリングの意識を強める必要がある。

・後半の試合の進め方
もし鹿島戦のように0-0で推移していった場合、甲府としてはもちろん
勝ちに行くような采配をとるでしょう。
それは間違っていないが鹿島戦のように今度は甲府が逆の立場に
なりかねない。
マイク不在でセレッソが相手なだけに引分もよしと考えてもいい。
前節鹿島に勝ったアドバンテージを最大限生かしたい。

もちろん勝つにこしたことはないが負けて勢いが途切れるのも怖い。

特に魔の5連戦と中3日で試合が続く強行日程なだけに勢いがあれば
一気に駆け抜けてしまう可能性もある。

守るばかりではいけないがリスクを掛け過ぎるのも良くない。
チームとしてどういう風に試合を進めるのか
選手個々が共通の意識で後半戦っているか

が最後勝敗のカギになってくると思われる。


予想スコアとしては
ヴァンフォーレ甲府 1-1  セレッソ大阪
goal  片桐(甲府) ピンパォン(C大阪)






ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif



関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。