スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1 13節 ヴァンフォーレ甲府vsモンテディオ山形

あーなんかもやもやっとするヽ(*`ε´*)ノ

勝てないチームじゃないんだけどなあ。

雨さえ降ってなければ・・・・・・というたらればはよしましょう。

雨の時はいつも以上にパス、トラップ大事にしなきゃ。

吉田よ、U-22に選ばれたから気持ちは分かるが
勢いだけじゃどうにもならん(∩;゚Д゚)∩

キャプテンさすがです、一生ついていきやす><

審判への不満をいうことはやめるよ、お手 ┐(´・c_・` ;)┌ 上げ


さて愚痴はここらへんで。


今日もだらだら感じたことを書いています。

興味のある方はどうぞ
詳細↓↓↓
フォーメーション
甲府vs山形

ホームの甲府はボランチに今期初スタメンの犬塚を起用

対する山形は伊東選手が初スタメン

ヴァンフォーレ甲府 1-0 モンテディオ山形
goal ハーフナーマイク(21分)
    伊東(26分

今日の試合で感じたことは
①パスミス、トラップミスの多さ
②引かれた相手に対しての崩しのバリエーションの少なさ
③絶対勝つというメンタリティの欠如


①パスミス、トラップミスの多さ
まず今日の試合犬塚選手がボランチに入ったことで
中盤でのボール奪取ができ高い位置で攻撃に移れていた。
しかし、犬塚をはじめその次のパスの精度が悪く
高い位置で奪ってもシュートまでつながるチャンスは少なかった。

試合中ずっと雨が降りしきる中どれだけの選手がスッリッピーな
ピッチコンディションを考慮してプレーしていただろうか?

初めてプレーするawayならまだしも今日はhomeだ

不用意なボールロストからカウンターを受ける場面も多く
山本の素晴らしいクリア―でなんとか失点は免れたが
最悪負けてもおかしくないゲームだった。

②引かれた相手に対しての崩しのバリエーションの少なさ
おそらくJ1が開幕して初めて戦力が同等以下のチームだっただろう。
(山形サポの方がいましたら申し訳ないです)
さらに山形は守備が堅く引いてくるというのは事前から予想できた
それなのに攻撃時の工夫が全くない

永里が自由に動いていたものの今一つ効果的に使えてなかった。

あとミドルシュートも少なかったように感じたが
一番の原因はもう毎回のようにいっているが中盤の構成力だろう。
やはりボランチに守備的な選手を2枚を並べている為、
効果的な楔やサイドチェンジができない。

相手にとっては守りやすかっただろう。

開幕当初は石原・伊東もしくは伊東・養父
石原・養父が怪我で離脱してからは
伊東、保坂、伊東・犬塚の組み合わせになっている。

伊東は主に中盤での守備やセカンドボールの奪取が特徴の選手だ。
その相方にバランサータイプの保坂、運動量が持ち味の石原
伊東と同じような中盤での守備が特徴な犬塚、攻撃参加が得意の養父。

藤田のような司令塔タイプがいないのだ。

さらにSBの吉田、市川も組み立てが出来るような選手ではない。
さらにさらにSHの2人もアタッカータイプで甲府のスタメンには
この人にボールを預けたら安心だという選手がいないのだ。

そういった意味では後半入った片桐が唯一ボールを預けて
組み立てに参加できチャンスメイク出来る選手だ。
(今日は持ちすぎる場面も多かったが)

ようするに言いたいことは誰を中心にチームを考えるのか。
マイクはあくまで高さのあるゴールゲッターであり
最後のところで仕事をしてもらわなくてはいけない。

そこまでの過程は誰がつくるのか。


大きな変更はいらないが多少の変更の必要性はあると感じている。
(今のように後半から出場させるのも悪くないが・・・)


③絶対勝つというメンタリティの欠如
今の仙台を見れば誰もがわかるだろう。
なぜあそこまでの順位をずっと保てるのか。

あと一歩のプレス、踏ん張り、集中力、積極性が甲府には足りない。

失点シーンでも相手のシュートが上手かったではなく
なぜあそこでフリーに打たせてしまったのか?
なぜ良いクロスが上げられたのかを考えなければならない。

唯一見せてくれたのが山形の決定的チャンスを止めた山本だ。
ああいった絶対入れさせない、絶対入れてやるという
気持ちを出して戦ってもらいたい。

降格という2文字が見えてないだけでしっかりその道を
歩いているということ自覚して試合に臨まなければ
気付いた時ではもう遅い。

次節はhomeに清水を迎える。
しっかりと気持ちが入った試合を期待したい。


採点(ガッピル)

   1 荻晃太  5.5 失点シーンはしょうがない
   6 吉田豊  5.5 何をするにもファーストタッチ
   5 ダニエル 6.0 空中戦での強さで長谷川を抑える
   4 山本秀臣 6.5 懸命なクリアでチームの危機を救う
  25 市川大佑 5.5 攻守においてもうひと踏ん張り欲しい
  15 内田智也 5.0 もっと積極性が欲しい 
→(20 片桐淳至)6.0 やや持ちすぎる場面があった
  27 伊東輝悦 6.0 カウンターを未然に防ぐ
  29 犬塚友輔 5.5 ボール奪取からのパスを大事に  
→(30 保坂一成)5.5 中盤でのプレスはよかったが・・・
   9 永里源気 5.5 時間帯によって消えてしまう場面も
→(18 柏好文) 6.0 サイドから好クロスを上げてチャンスをつくる 
  26 阿部吉朗 5.5 終盤はガス欠で失速
  14 ハーフナーマイク 6.0 もっと泥臭くプレーを
  
     三浦俊也 5.5 持てる手は打ったが・・・



ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ セリエAへbr_decobanner_20110406161412.gif
















関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- junchang - 2011年05月29日 10:07:18

選手の補強で修正できればよいと思いますが、一番の原因はやはりメンタリティの欠如だと思いますね。
まだチーム結成して間もない歴史も浅いクラブですからその辺は今後に期待ということで・・・・

しかし引き分けが多すぎません?

junchangさん - ガッピル - 2011年05月29日 10:14:21

引分多いですね。

毎試合失点してますけど横浜M戦以外は破綻してないですし
攻撃も先制点はとれるんですが追加点がとれないんですよね。

1-0で守り切るようなとこまでチームとして出来あがってませんし。

でもなぜこんなにも柏との差がでてしまったのか?
J2ではそこまで差はなかったのに。

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。