スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1 第7節 ヴァンフォーレ甲府vsヴィッセル神戸

あー雨降っていたけど見に行ったのに残念。゚( ´pω・`。)゚。

でも思ったより良いサッカーしてた。もっと悪い状態を想定していたので。

にしても久しぶりに見たせいか知らんけどJの審判ひどいなヾ(。`Д´。)ノ!!

誤審も多かったし、ファールの基準もいまいち。

甲府のCKのゴールも明らかにあれはGKに見えた。

大久保がオフサイドの笛が鳴っているに関わらずシュートに行ったシーン。
ヨーロッパではイエロー出されてもおかしくはない。
(アーセナルのセスクがCLで退場になったシーンを思い出して)
途中から入ったポポのアフタータックルもイエローもの。
両者ともすでにイエローが出てた為、出さなかったかもしれないが
フラストレーションがたまった。ムヵ((o'Д´怒))ーー!!

と、愚痴はここらへんにして試合を振り返ります。
↓↓↓↓↓

甲府vs神戸


ホームの甲府は開幕戦右SBを務めた石原を1つ前に上げ、
右SBにはU-22日本代表候補のの吉田を起用してきた。

神戸は吉田、大久保の2トップに2列目は注目の18歳の小川を先発に起用。

序盤は両チームとも雨の影響もあってか、中盤を省略して
DFラインの裏へ蹴るボールが多かった。
そんな中、ボールが持てる大久保がDFとボランチのラインの間でボールを受け
小川がサイドから中へ切れ込むシーンが多かった。
なんとか最後のところで守っていたがパスが合えばという危険な展開だった。

甲府は神戸の前からのプレッシングに苦しみ上手く前線へボールを運べない。
マイクにボールを前線の距離感が遠くセカンドボールが拾えなかった。

そんな中、前半41分の大久保のゴール。
DFに当たってコースが変わった不運だったが、大久保へのプレスが甘かった。
人が足りていても、ボールを奪おうとしなければやられるよ。
ゾーンで守っていてもプレス掛けなきゃやられるんだよ!!(◆+`皿´)ノ

後半はいまいち元気がなかった養父に代えてパウリーニョを投入。
この交代策は非常によかった。
開幕戦もそうだったが三浦監督の采配はここまで素晴らしい。
常に先手、先手を打ち状況を打開しようとする分析力はさすがだ。

ボランチには石原が入り、パウリーニョは2列目に入った。
パウリーニョが比較的マイクに近いポジションでプレーすることにより
前線の選手の距離感がよくなり、マイクへのこぼれ球や
永里が裏へ抜けるシーンなど徐々にチャンスをつくれるようになった。

また石原がボランチにはいったことで、こぼれ球を拾えるようになり
より一層厚みのある攻撃が続けられた。

後半20分にようやくCKから同点に追いつくもその後の決定的なチャンス
をことごとく外してしまい、結局1-1のドロー。

後半の出来を考えれば甲府にとっては悔しい引分に終わった。


マイクのへのフォーロができるパウリーニョをいれた布陣の方が良かった。
石原もよかったがより中央へ侵入していくタイプのパウリーニョの方が
相手のSBも釣られて中に絞りやすく、その分吉田の上がるスペースもできる。

さらに石原がボランチに入ったことで中盤での守備が安定して
ことも後半より攻撃的にいけた要因にだった。

4-4-2よりトップ下を置く、4-5-1の方がいいのではないかと思う。
相手のボランチにもプレスかけられるし、マイクのフォーローもしやすい。
養父がもうすこしダイナミズムに攻守に顔をだせればよかったのだが
今日のプレーでは難しそうだ。

TMではいまいちの結果だったがそんなに悪くない試合だった。
あとは最後の精度をあげればそのうち勝てるでしょう。


採点(ガッピル) 
 
   1 荻晃太  6.0 失点シーンはしょうがない、他は安定していた
   6 吉田豊  6.0  積極的な攻め上がりに身体を張った守備
   5 ダニエル 6.0 山本不在の中なんとかDFラインを統率
   3 富田大介 5.5 裏をとられるシーンもあったがまずまずの出来
  13 内山俊彦 5.5 もう少しビルドアップの精度を上げたい 
   8 養父雄二 5.0 持ち味が出しにくい流れだったが運動量が少ない
→(10 パウリーニョ)6.0 マイクの近くにポジションをとりボールによく絡む
  27 伊東輝悦 6.0 セカンドボールを良く拾い攻守に厚みを加えた 
   7 石原克哉 6.5 ポジションがかわってもさすがの安定感
   9 永里源気 5.5 裏へ飛び出しチャンスをつくるも最後の精度
→(26 阿部吉郎) ―
  16 松橋優  5.5 前半唯一の決定機を決めていれば・・・
→(18 柏好文) 5.5 ヘディングの精度を上げたい、ドリブル突破は○
  14 ハーフナーマイク 6.0 後半のチャンスは決めたかった 
  
     三浦俊也  6.0 引分はしたが積極的な采配は良かった
 

  
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。