スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年Jリーグチーム分析 まとめ

なんとか開幕前までに間に合いました。

下記にまとめました。

並びは今年の順位予想です。

 1 鹿島アントラーズ
 2 名古屋グランパスエイト 
 3 浦和レッドダイヤモンド
 4 ガンバ大阪
 5 セレッソ大阪
 6 川崎フロンターレ
 7 サンフレッチェ広島
 8 柏レイソル
 9 横浜F・マリノス 
10 ジュビロ磐田 
11 ベカルタ仙台
12 大宮アルディージャ
13 ヴィッセル神戸 
14 ヴァンフォーレ甲府
15 アルビレックス新潟
16 清水エスパレス
17 モンテディオ山形
18 アビスパ福岡

スポンサーサイト

アビスパ福岡

ガッピルの独断と偏見の分析です。

アビスパ福岡(詳しい各種情報は公式HPで)

中盤までは4位に位置しながらも終盤で千葉を逆転し昇格を決めた。
今期は、大量に主力が抜け苦しい戦いが予想される。
なんとかチーム一丸となって残留したい。

監督 篠田義之

選手
 1 神山竜一          15 李鍾民
 2 キム・ミンジェ       16 岡本英也
 3 山形辰徳          17 山口和樹
 4 和田拓三          18 吉原正人
 5 田中誠           19 成岡翔
 6 丹波大輝          20 宮路洋輔
 7 中町公祐          22 末吉隼也
 8 鈴木惇           23 六反勇治
 9 高橋泰           24 重松健太郎
10 城後寿           25 笠川永太
11 田中佑昌          26 孫正倫
13 小原章吾          27 畑本時央
14 松浦拓弥          28 牛之濱拓  

新加入選手(前所属)
成岡翔(磐田)重松健太郎(F東京)清水範久(横浜FM)
和田拓三(千葉)小原章吾(愛媛)松浦拓弥(磐田)
キム・ミンジェ(韓国・中央大学)畑本時央(浦和ユース)
牛之濵拓(福岡U-18)

中島、永里、大久保、柳楽と昇格に貢献した主力がごっそり抜けた。
成岡、重松、清水と力のある選手が入ったが戦力ダウンは否めない。

予想フォーメーション
ファーストチョイス 4-5-1
フォーメーションは昨季と同じになるが前線に新加入選手が多いだけに
早く連携を深めたい。
AF.jpg

FW
ワントップ        城後(高橋、重松)
城後のバックアップに高橋、重松もできるが中盤での起用
になりそう。

MF          
2列目          松浦、重松、成岡(田中佑、岡本、清水、鈴木)
ボランチ         末吉、中町(鈴木、成岡)
主力が抜けた2列目には重松、成岡が入ると予想される。
清水はサブになりそうだ。

DF  
右サイドバック      山形(和田)   
左サイドバック      キム(孫)
センターバック      田中誠、丹羽(小原、宮路)
今期は守備に時間が割かれることが多いことが予想されるだけに
経験のある田中、丹羽の活躍には期待したい。

GK           神山(六反)
神山と六反の争いになるか。

4-4-2
2トップにする場合はFWの層が薄いと思われるが。
AF2.jpg
キーマン 10 城後寿
今期は永里、大久保が抜けただけに攻撃陣の中心としてチームを引っ張っていく
存在にならなければならない。昨季は自己最多の8得点あげ、今期はJ1の舞台
だが2桁得点を目標にしてもらいたい。

柏レイソル

ガッピルの独断と偏見の分析です。

柏レイソル(詳しい各種情報は公式HPで)

圧倒的な強さでJ2を制覇し、今期のチーム目標は6位以内と高い
モチベーションでJ1に挑む。ここ2年間昇格組が上位に付けているだけに
昇格組の中では柏がその可能性が一番高いがJ1もそこまで甘くはないだろう。

監督 ネルシーニョ

選手
 1 桐畑和繁          17 安英学
 2 中島崇典          18 田中順也
 3 近藤直也          19 工藤壮人
 4 酒井宏樹          20 茨田陽生
 5 増嶋竜也          21 菅野考憲
 6 パク・ドンヒョク      22 橋本和
 7 大谷秀和          23 藏川洋平
 8 澤昌克           24 相馬大士
 9 北嶋秀朗          25 村上佑介
10 レアンドロ・ドミンゲス   26 山崎正登
11 林陵平           27 ホジェル
13 兵働昭弘          28 栗澤僚一
14 大津祐樹          29 水野晃樹
15 ジョルジ・ワグネル     31 川浪吾郎
16 稲田康志                  

新加入選手(前所属)
兵働昭弘(清水)増嶋竜也(京都)中島崇典(福岡)
ジョルジ ワグネル(サンパウロ)安英学(大宮)相馬大士(柏U-18)

主力で抜けたのは小林ぐらいで兵働、増嶋、中島を獲得でき
まずまずの補強だっただろう。新外国人のワグネルにも期待したい。

予想フォーメーション
ファーストチョイス 4-4-2
フォーメーションは4-4-2か4-5-1になると思われる。絶対的なエースが
いない為、FWの調子や連携によっては併用もあるか。
KR.jpg

FW           林、北嶋(工藤、ホジェル)
林、北嶋と予想するが昨季10得点の工藤やホジェルが控える。
1トップにするなら、林か工藤か。

MF          
2列目          ワグネル、レアンドロ(澤、大津、田中、水野、茨田)
ボランチ         大谷、栗澤(安、相馬)
兵働が骨折から復帰するまでボランチは栗澤、大谷のコンビか。
2列目の層は厚い。

DF  
右サイドバック      増嶋(村上)   
左サイドバック      橋本(中島)
センターバック      パク・ドンヒョク、近藤(酒井、増嶋)
小林が抜けた右SBには増嶋が起用される模様。
本来はCBの選手なだけに村上の出番もありそうだ。

GK           菅野(桐畑)
菅野で問題はない。

4-5-1
昨季も途中で採用され今期も状況によっては使ってくるだろう。
KR2.jpg

キーマン 10 レアンドロ
柏の攻撃陣の中心はこの男だろう。細かいパスをつなげてくるサッカーで
1味も2味も攻撃に変化をつけられる選手だ。今期は、逆サイドに
ジョルジ ワグネルという、特別な個が入り、より一層攻撃力は増しそうだ。

ヴィッセル神戸

ガッピルの独断と偏見の分析です。

ヴィッセル神戸(詳しい各種情報は公式HPで)

昨季の終盤の粘りは素晴らしかったがそれまでの戦いは
褒められるものではない、昨季途中から和田監督が就任し
アグレッシブなサッカーに変わり、今期も継続路線が引かれるだろう。
2011年は1年間安定した戦いをし残留を勝ち取りたい。

監督 和田昌裕

選手
 1 紀氏隆秀       19 有田光希
 2 混同岳登       20 森岡亮太
 4 北本久仁衛      21 茂木弘人
 5 河本裕之       22 馬場賢治
 6 羽田憲司       23 イ・ジェミン
 7 朴康造        24 三原雅俊
 8 松岡亮輔       25 石櫃洋祐
 9 ホジェリーニョ    26 三島康平
10 ボッティ       27 都倉賢
11 ポポ         28 嘉味田隼
13 大久保嘉人      29 林佳祐
14 宮本恒靖       30 徳重健太
15 大屋翼        31 小川慶治朗
16 楠瀬章仁       32 柳川雅樹
17 吉田孝行       33 廣田隆治
18 田中英雄

新加入選手(前所属)
羽田憲司(C大阪)馬場賢治(湘南)柳川雅樹(甲府)
ホジェリーニョ(アル・ワスル)林佳祐(同志社大学)
小川慶治朗 (神戸U-18)
主力で抜けたのはエジミウソンだけで新加入選手を含めると戦力は昨季以上か。
その中でもユース所属ながら昨季活躍した小川も成長が楽しみな選手だ。

予想フォーメーション
ファーストチョイス 4-4-2
ベースは昨季と同じ4-4-2になると予想される。後は新加入組が
早期にフィットできるか。
VK.jpg

FW           ポポ、都倉(吉田、イ・ジェミン)
ポポ、都倉の2トップで、大久保はMFでの起用になるか。

MF          
右サイドハーフ      朴(小川、ボッティ)
左サイドハーフ      大久保(ホジェリーニョ、小川)
ボランチ         羽田、田中(三原、ボッティ、松岡)
中盤が厳選区で朴、大久保の両サイドに羽田、田中のボランチと予想するが
控えの選手も力のある選手で層は厚い。

DF  
右サイドバック      石櫃(近藤)   
左サイドバック      茂木(林・松岡)
センターバック      宮本、北本(河本、柳川)
富田と小林が抜けて柳川、林が加わったが戦力的には
ダウンした印象。CBには宮本と予想するが河本
も可能性は高い。

GK           徳重(紀氏)
GKは昨季途中から抜擢された徳重になりそうだ。

4-1-4-1
選手層豊富な中盤を生かした戦術。
VK2.jpg

キーマン 13 大久保嘉人
神戸の顔といったらこの男でしょう。昨季はチームの大事な時に
怪我で戦列を離れてしまった分、今期にかける意気込みは高いはず。

ベカルタ仙台

ガッピルの独断と偏見の分析です。

ベガルタ仙台(詳しい各種情報は公式HPで)

7年ぶりにJ1に復帰した昨季はなんとか最終節で残留を決めたが
途中加入の赤嶺らの活躍がなければ降格していたかもしれない。
今期は柳沢、マルキーニョスなどJ1で実績のある選手を
大型補強し、2年目のジンクスに挑む。

監督 手倉森誠

選手
 1 桜井繁        18 マルキーニョス
 2 鎌田次郎       19 武藤雄樹
 3 渡辺広大       20 マックス
 4 細川淳矢       21 川俣慎一郎
 5 曺秉局        22 石川慧
 6 角田誠        23 田村直也
 8 松下年宏       24 赤嶺真吾
 9 中原貴之       25 菅井直樹
10 梁勇基        26 大久保剛志
11 関口訓充       27 朴柱成
13 中島裕希       28 原田圭輔
14 高橋義希       29 島川俊郎
15 太田吉彰       30 柳沢敦
16 林卓人        31 斉藤大介
17 富田晋伍

新加入選手(前所属)
マルキーニョス(鹿島)柳沢敦(京都)角田誠(京都)
マックス(イパチンガ)川俣慎一郎(鹿島)大久保剛志(仙台)
曺秉局(城南)松下年宏(F東京)武藤雄樹(流通経済大学)
原田圭輔(筑波大学)石川慧(新潟明訓高校)
フェルナンジーニョ、エリゼウ、千葉といった昨季の主力が抜けたが
代わりに、柳沢、マルキーニョス、曺秉局、角田らの即戦力を獲得し
穴埋めはできた。戦力は昨季以上になっただろう。

予想フォーメーション
ファーストチョイス 4-4-2
フォーメーションは昨季と変わらないが新戦力が多い為
柔軟に対応していきたい。
VS.jpg

FW           マルキーニョス、赤嶺(柳沢、中島、大久保)
マルキーニョス、赤嶺が軸になり柳沢はベンチからになりそうだが
十分スタメンに名を連ねてもおかしくはない。中島が怪我で離脱
しているが十分層は厚い。

MF           
右サイドハーフ      関口(高橋、大口)
左サイドハーフ      梁(松下)
ボランチ         斉藤、マックス(角田、富田)
ボランチは斉藤、マックスに角田、富田と熾烈なレギュラー争いが
予想される。両サイドハーフは関口、梁で決まりだが
控えの押し上げが期待される。

DF  
右サイドバック      菅井(田村)    
左サイドバック      朴(原田)
センターバック      鎌田、曺秉局(渡辺、細川)
新加入の曺秉局はスタメンになりそうだが連携面に不安がある。
角田もCBとしても起用がだが前線に比べると選手層が薄い。

GK           林(桜井)
桜井も力のある選手だが、昨季全試合出場の林が一番手か。

4-3-3
前線の層があつくなり、3トップを試してみる価値はあるだろう。
VS2.jpg

キーマン 18 マルキーニョス
Jリーグ通算229試合出場、109得点は数いる助っ人外国人の中でも
トップクラスの実績だろう。34歳になりながらもまだまだ衰えは見られない。
仙台に活躍の場を移すが、今期もマルキーニョスからたくさんのゴールが
見られるだろう。
NEXT≫
プロフィール

ガッピル

Author:ガッピル
好きなチーム:ACミラン、VF甲府
好きな選手:ガットゥーゾ、ピルロ
サッカー以外の趣味:写真(風景)
壁紙や画像、写真は無断転載禁止

Twitterボタン

最新記事
おススメブログ新着記事
カテゴリ
姉妹ブログ
ブログ仲間
月別アーカイブ
最新コメント
来場者
検索フォーム
ブログランキング

各ブロググランキングに参加中です。ブログを続ける上でモチベになりますので応援よろしくお願いします。

広告
楽天
アイテム
おすすめサッカー雑誌
WORLD SOCCER DIGEST (ワールドサッカーダイジェスト) 2014年 8/7号 [雑誌] ヨーロッパサッカー・トゥデイ 2013ー2014 完結編 (NSK MOOK) ワールドサッカーキング増刊 CALCiO+ (カルチョプラス) 2013年 10/25号 [雑誌]
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。